〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

唯一のヒバク国 ☆ あさもりのりひこ No.28



 1945年8月6日,アメリカは広島に原子爆弾を投下しました。

 1945年8月9日,アメリカは長崎に原子爆弾を投下しました。

 

 1954年3月1日,アメリカは,ビキニ環礁で水爆実験を行いました。

 水爆はサンゴを巻き上げ,粉々になったサンゴは,放射性物質を含んで,キラキラと雪のように降りました。

ビキニ環礁から約180㎞離れたロンゲラップ島の子供たちは,初めてみる雪のような白い粉を身体にかけて遊んだり,口に入れたりしました。

やがて島民は,激しい嘔吐,皮膚の炎症,脱毛などの急性放射線障害に襲われました。

 

 1991年,湾岸戦争において,アメリカ軍は,イラク戦車隊に対して,劣化ウラン弾を使用しました。

 

 その後,NATOによる多国籍軍が,ボスニア紛争とコソボ紛争で劣化ウラン弾を使用しました。

 

 2003年以降,アメリカ軍は,イラク戦争において,劣化ウラン弾を使用しました。

 

たしかに,戦時に原子爆弾が使われたのは日本に対してだけです。

しかし,ビキニ,ボスニア,コソボ,イラクなどで,多くの人々がヒバクしました。

 劣化ウラン弾の使用によって,アメリカ兵もヒバクしました。

 

 日本だけが,世界で「唯一の」ヒバク国ではないのです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    さわした (水曜日, 31 7月 2013 21:38)

    被爆も被曝も天災ではなく、ニンゲンの愚かしさゆえなのだから、加曝という言葉があっていいと思うし、加害の有責性をいま、ことさらに明瞭にしていただきたい。