〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

太陽を盗んだ男 ☆ あさもりのりひこ No.36

 1979年10月6日,長谷川和彦監督の「太陽を盗んだ男」が公開されました。

 主人公の名前は城戸誠,高校の理科の教師。

 刑事の名前は山下満州男。

 城戸誠を沢田研二,山下警部を菅原文太が演じました。

 チョイ役で風間杜夫と西田敏行が出ています。

 

 34年前,沢田研二は人気絶頂の歌手,菅原文太は任侠映画の大スターでした。

 高校の教師がひとりで原子爆弾を作って,警察と対決するというストーリー。

 当時,「太陽を盗んだ男」を観るまで,売れっ子のタレントにビッグネームのベテラン俳優をからませたB級映画だと思っていました。

 場末の映画館で,2本立ての1本として,ついでに観た覚えがあります。

 

 ところが,「太陽を盗んだ男」は本物でした。

 脚本,撮影,音楽,編集どれをとっても一流です。

 

 「元素記号Pu,プルトニウム239,人類がつくった最悪の物質です」

 「科学じゃない,現実のはなしをしてるんですよ」

 「ゆっくり,おはなし,しましょうよ」

 「赤か黒か,バクチしてみるかい,山下さん」

 印象的なセリフも満載です。

 

 長谷川和彦が監督した映画は,「青春の殺人者」と「太陽を盗んだ男」の2本しかありません。

 しかし,長谷川和彦は,この2本の作品で日本映画史に燦然と輝く足跡を残したのです。