〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

プロメテウス ☆ あさもりのりひこ No.50

 ゼウスは,プロメテウスに「粘土で,われわれと同じ姿をした生き物を作れ」と命じました。

 プロメテウスが生き物を作ると,ゼウスが命を吹き込んで人間と名付けました。

 

 つぎに,ゼウスは,プロメテウスに命じました。

 「人間に,知恵を授けてやれ。ただし,火を使うことは教えるな。火はわれわれ神々だけの力だ」

 

 プロメテウスは,人間に,生きるための知恵を授けました。

 家や道具を作ること,穀物や家畜を育てること,言葉や文字を使うことなどなど。

 しかし,火を使えないので,人間は,ものを焼くことも煮ることもできません。

 人間は,寒さに震え,夜は動物に襲われる恐怖におびえていました。

 

 そこで,プロメテウスは,人間に火を与えることにして,弟のエピメテウスに言いました。

 「私は人間を愛している。だから,人間に火を与える。だが,ゼウスの怒りにふれて,滅ぼされるだろう。そのあとは,おまえが人間を見守ってくれ」

 

 そして,プロメテウスは,太陽の神アポロン(鍛冶職人の神ヘパイストスという説もあります)から火を盗んで,人間に与えました。

 こうして,人間は火を使うことを知ったのです。

 

 怒ったゼウスは,プロメテウスを山につないで,ワシに肝臓を食べさせる,という罰を与えました。

 プロメテウスは,不死身なので,ワシに肝臓を食べられても,翌日になると肝臓が再生します。

 すると,またワシがやってきて,プロメテウスの再生した肝臓を食べます。

 こうして,プロメテウスは,永遠の苦痛を与えられたのです。

                         

                         (つづく)