〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

オリンピックが終わりましたね☆

こんにちは、事務局④です(^-^)

続けてオリンピックの話題でしつこいですが悪しからず<(_ _)>

このブログが掲載されるのは火曜日。ですが、原稿を書いている今は、閉会式の直前です。

 

この冬のオリンピックでは,自分史上、一番たくさんの競技を見ました。

日本人が出ていない(出ているのかも知れませんが、それがわからない)競技も、ルールを知らない競技も楽しんで見ることができました。

 

ところでスポーツを観るときによく感じるのですが、自分が応援している側が負けることが多い。皆さんはそう思ったことはありませんか?(笑)

 

今回,この、私の中の哀しい通説?を見事覆してくれたのが、スノーボード男子ハーフパイプの15才平野選手と18才平岡選手(御所市出身!(*^-^*))でした!

この競技は、2回演技をして、最終的に得点の高い方で順位を決めるのですが、決勝の1回目、平野選手は90.75点を出して暫定(というのでしょうか!?)1位になります。

 

ここから、私の通説にのっとると、2回目は1回目の点数を上回ることはなく、最終的にどんどん順位が落ちていく…というところだったのですが!

 

2回目、平野選手は1回目の自身の記録を上回る93.50点を出して銀メダルを獲得します!

 

なんと!!(>_<) 若いからなのか精神力が強いからなのかわかりませんが,とにかく!しょうもない通説をすっぱりと覆してくれてありがとう!と,とても爽やかな気持ちになりました☆

 

もう一つ印象的だったのは、フィギュアスケートの浅田選手でした。

フリー演技の次の日、別の事務局さんと「昨夜私号泣やった…」というだけで何の話か通じるほど、心揺さぶられた演技でした。

 

そして、毎夜楽しみながらぼんやりとずっと思っていたことは、自分が日本人で良かったなあ、ということでした。

競技している選手の姿勢や、国旗があがったときの表彰台での表情。

日本の選手も,自国の選手を応援する日本の人もひっくるめて,日本て良い国だなと思いました(^-^)

 

さあ、いつまでも余韻にひたりたいところですが,そろそろ切り替えて規則正しい毎日に戻らないといけませんね!(^-^)