〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

七人の侍 その4 ☆ あさもりのりひこ No.79

 今から60年前の1954年4月26日,1本の映画が公開されました。

 その映画は「七人の侍」,監督は黒澤明。

 

 七人の侍のリーダーといえる勘兵衛を演じたのは志村喬。

 二枚目俳優ではないのですが,その自然体の存在感は,この人でなくては!と思わせるものでした。

 

 黒澤明は,この勘兵衛の役作りを詳細に練ったようです。

 たとえば,うつむいている勘兵衛が話しかけられると,こんなふうに顔を上げるんだ,というところまで指導したそうです。

 

 勘兵衛が登場すると画面が絞まります。

 

 野武士との最後の決戦の前に,村人たちに

 「勝負はこの一戦で決まる!」

 と力強く言って,土砂降りの雨の中で,刀を腰に構えるシーン。

 

 村の中央の広場の高くなったところに,すっくと立った勘兵衛が,土砂降りの雨の中で,弓を引いて矢を射るシーン。

 

 美しいシーンはたくさんあるのですが,「七人の侍」の中で最も美しいシーンを紹介します。

 

 映画の前半の最後のところ。

 村はずれの数軒の家は守りきれないことがわかって,その家の村人が刀を捨てて,戦列を離れようとします。

 すると,勘兵衛は険しい形相で「刀をとれ」と言って,刀を抜いて,低い姿勢で村人めがけて走ります。

 驚いた村人たちは,あわてて刀を拾います。

 カメラは,走る勘兵衛を前から,あわてて刀を拾う村人を後ろから撮影しています。

 画面はカーブを描いて動くのですが,引き締まって流れるような名シーンです。