〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

ひとりごと

8月も後半戦に入りましたね!

火曜日、事務局担当日です。

暑さに負けず、夏を乗り切りましょう♪

 

突然ですが、皆さま、「シャッターアイランド」はご存じでしょうか?

2009年にレオナルド・ディカプリオ主演で映画化された、

デニス・ルヘインのミステリー小説です。

 

舞台は、アメリカのシャッターアイランドとよばれる

精神疾患のある犯罪者を収用する孤島の病院。

連邦保安官のデディ・ダニエルズが、

この病院から失踪した患者レイチェルを捜すため、相棒のチャックとこの島を訪れます。

行方を追う手がかりは、「4の法則 67番目は誰?」と書かれた暗号の紙きれだけ。

 

ところで、テディには、もう一つ、捜査とは別にこの島を訪れた目的がありました。

それは、病院に収容されている、妻を殺害した放火犯レディスに復讐することでした。

 

ほどなく、レイチェルが発見されたと報告がありました。

しかし、レイチェルは錯乱状態で、詳しい話を聞くことができません。

レディスも、探せど探せど、どこにいるのかわかりません。

そのうち、ハリケーンが島を襲い、テディもチャックも島に閉じ込められます。

嵐の中、レディスの行方を島中、探しますが、

いつの間にか、チャックの姿までも消えてしまい・・・

チャックを見かけなかったか尋ねるテディに、院長は

「君は一人でこの島に来たんだ」と言います。Σ(°Д°;なに!?

 

レディスも、チャックもどこにいるのかわからず、

テディは段々と混乱していきます。

そんなテディに院長は、真実を告げます。

「67番目」の真実を・・・。

エェ━━━━━━ヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!

 

本を読み終えたあと、私は、しばらく

「ええーーーー!?」「・・ええぇ~??」「・・・・」

としか言えませんでした・・・。

それくらい衝撃的なラストでした。

まだ、本を読んでいない方、映画をご覧になっていない方、是非!おすすめです(^^)

 

さて、話はかわって。

私は、とても独り言が多く、仕事中でも

「あれ?」「ええっと、あれしなきゃ」「電話、電話」

なんだかんだとゴニョゴニョしゃべっています。実に迷惑です。すいません。

帰宅途中でも、頭の中で(アタマの中ですよ~)で、

「帰り道にパン買って、本屋さんよって・・・ちゃうちゃう、銀行先やわ~」など

段取りをしゃべっています。

家でも・・・以下同文。

 

シャッターアイランドを読んで以降、ですね、

もしかして。私。・・・・(((( ;゚Д゚)))

 

にゃんて、怖くなることが、よくあるのです・・・・・・。

自分のことって、以外と自分ではわからないですからねぇ・・・・。