〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

七人の侍 その7 ☆ あさもりのりひこ No.85

今から60年前の1954年4月26日,1本の映画が公開されました。

その映画は「七人の侍」,監督は黒澤明。

 

槍を使う七郎次を演じたのは加東大介。

勘兵衛が「古女房」と呼ぶ元部下で,いくつもの戦をともに闘ってきた忠臣という役所。

勘兵衛が外から帰ると「すすぎを」と言って水を取りに行く場面にその忠誠ぶりが描かれています。

 

勘兵衛が,村人(百姓)のために野武士と闘うという戦に七郎次を誘うと,七郎次は二つ返事で「はい」と即答します。

七郎次は,勘兵衛に対して,どこへ行くのか,野武士は何人か,味方の侍は何人いるのか,など一切質問しません。

即座に「はい」と答えるのです。

七郎次が,勘兵衛に全幅の信頼をおいていることがわかります。

 

七郎次の返事を聞いて,勘兵衛が「今度こそ死ぬかもしれんぞ」と言います。

すると,七郎次はニヤリと笑うのです。

勘兵衛に付いていく,命も惜しくない,という強い思いが現れている笑顔でした。

 

セリフとして何を言うか,発した言葉に意味があるときもあります。

しかし,勘兵衛と七郎次の会話の場面は,七郎次が「何を言わないか」という部分に意味があります。

 

ウイリアム・ワイラーが監督した「大いなる西部」の中で,グレゴリー・ペックとジーン・シモンズのやりとりのシーンでも「何を言わないか」ということが効果的でした。

 大人の演出ですね。