〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

七人の侍 その9 ☆ あさもりのりひこ No.103

1954年4月26日,1本の映画が公開されました。

その映画は「七人の侍」,監督は黒澤明。

 

勘兵衛が夜盗から子どもを救い出す様子を見ていた浪人風の男(三船敏郎)が,勘兵衛の頭脳と腕に惹かれて勘兵衛の後を追います。

しかし,男は勘兵衛の前では照れて言葉が出てこない。

勘兵衛から「おぬし,侍か?」と言われてしまう。

 

勘兵衛らが侍捜しをしている宿(ねぐら?)に酔った男がやってきます。

男は,酔ってふらつきながら,厩の柵に両手を広げてもたれて,にやにや笑って,勘兵衛に「おまえをさがしていた」と言います。

このシーンの三船は色っぽい!

まったくいやらしさを感じさせない男の色気を見せつけたシーンでした。

 

男は,自分が侍である証拠として,家系図の巻物を差し出します。

家系図にある「菊千代」が自分である,と。

ところが,生まれた年から数えると「菊千代」は13才。

どう考えても男は13才には見えないので,侍たちに笑われます。

その後,男に名前がないことがわかり,侍たちから付けられた名前が「菊千代」だったのです。