〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

パントマイム ☆ あさもりのりひこ No.115

「パントマイム(英語:pantomime)は,台詞ではなく身体や表情で表現する演劇の形態。黙劇(もくげき),無言劇(むごんげき)とも呼ばれる。」(Wikipedia

 

パントマイムで有名なのは,チャールズ・チャップリン,ジャン・ルイ・バロー,マルセル・マルソーなどなど。

 

チャップリンの初期の短編映画で(題名は忘れた),酒好きの夫(チャップリン)が,あまりに酒ばかり飲むので,妻が愛想を尽かして家を出て行ってしまう,という作品があった。

夫は妻に去られて,意気消沈。

カメラは,夫の背後から背中を撮っている。

夫の肩が落ちて,フルフル小刻みに震え出す。

背中しか見えないが,夫が泣いているのがよくわかる。

ううっ。

夫(チャップリン)の体がこちら(画面の方)を向くと,シェイカーを両手で振ってカクテルをつくっている・・・

という大爆笑のパントマイムがあった。

 

ジャン・ルイ・バローは,マルセル・カルネ監督の映画「天井桟敷の人々」で“白い男”バチストを演じたパントマイミスト。

 

4月4日(土)午後2時から,やまと郡山城ホールで,山本光洋さんのパントマイムを観てきた。

主宰は奈良県青少年文化振興協会(奈良親と子の劇場)。

山本光洋さんのパントマイムを観るのは2回目である。

前回は,ボラーレの歌に乗せて,キュウピー人形を自在に操って大爆笑させてもらった。

 

山本光洋さんのパントマイムは無言ではない。

無言の出し物もあるが,軽妙なおしゃべりとともにパントマイムが披露される。

 

山本光洋さんの身体能力は,ロシアの殺し屋である?

ロシアの殺し屋,おそろしや・・・

 

山本光洋さんの「チャーリーやまもと」には笑わせてもらった。

「チャーリーやまもと」は操り人形である。

右手,左手,右足,左足,頭をばらばらに動かすのだ。

すごい!

同じ方向に,同じ動作をすることはやさしいが,全部バラバラというのは,並大抵やおまへんで。

 

今回も爆笑につぐ爆笑で愉しませてもらった。

 山本光洋さん,ありがと。