〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

郡山市と奈良市 ☆ あさもりのりひこ №130

2013年9月6日と7日,福島県に行ってきた。

 行程は,福島市⇒川俣町⇒飯舘村⇒南相馬市⇒浪江町⇒川俣町⇒二本松市⇒郡山市

 

 環境放射線モニター「ラディ」を持参して,ガンマ線の放射線量を測定した。

 

 とくに線量が高かったのは

  浪江駅前(地面の落ち葉) 7.2μSv/h

  飯舘村の帰還困難区域(バスの車内) 7.8μSv/h

  飯舘村の帰還困難区域(駐車場の隅) 8.6μSv/h

 

 奈良県橿原市では,地上1メートルで0.05μSv/h,地面で0.06μSv/hなので,140倍以上の汚染である。

 

 福島県郡山市内の線量は

  郡山駅前(バスの車内) 0.3μSv/h

  ホテル周辺(路上1メートル)0.3~0.4μSv/h

  21世紀記念公園

(地上1メートル)0.5~0.6μSv/h(写真)

  (地面:芝生の上)1.3μSv/h

 

 0.3μSv/hを1年間あびると2.628ミリシーベルトになる。

郡山市の人口は32万6792人。

 32万6792人が1年間で2.628ミリシーベルトの放射線をあびると,全年令平均で320人がやがてガンで死ぬ。

 福島第一原発が爆発してから4年が過ぎた。

 1年間で320人なので,4年だと郡山市民1280人がやがてガンで死ぬことになる。

 

 大人が1年間で1ミリシーベルトの放射線をあびると,2500人に1人の割合でやがてガンで死ぬ。

 2.628ミリシーベルトだと1000人に1人だ。

 

 赤ちゃん(0才児)は放射線の感受性が高いので,大人の4倍も危険である。

 赤ちゃんが1年間で2.628ミリシーベルトの放射線をあびると,250人に1人の割合でやがてガンで死ぬことになる。

 

郡山市の1年間の出生数は約2500人。

 250人に1人がガンで死ぬということは,郡山市で生まれた赤ちゃんのうち毎年10人が,原発の放射線のために,やがてガンで死ぬ。

 

事故から4年が過ぎたので,郡山市だけで40人の赤ちゃんがやがてガンで死ぬ,ということである。

 

まず,1280人,40人という数字は,過剰死すなわち原発の放射線が原因で死亡する数である。

つぎに,死亡する人数だけなので,病気で苦しむ人の数は含まれていない。

さらに,がん死だけの数なので,白血病などがん以外の死亡は含まれていない。

加えて,外部被曝の放射線量だけなので,飲食や呼吸による内部被曝の放射線量は含まれていない。

また,郡山市には0.3μSv/hよりも線量がもっと高いところがたくさんある。

 

つまり,1280人や40人という数字は,ひかえめな数字なのである。

 

 この夏,奈良市が,8月5日から8日まで,奈良市内の小学5年生と6年生の児童25人を福島県郡山市に派遣する。

 派遣を企画した奈良市は無謀だ。

 派遣を承諾した親は無知だ。

 しかし,なんといっても気の毒なのは被爆する小学生たちである。

 

『げんさん,こんなアホなこと,やめとき』

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    通りすがり (金曜日, 10 7月 2015 21:59)

    4日間程度であればあまり影響ないのではないですか?