〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

銀河鉄道999 ☆ あさもりのりひこ №138

TVで「宇宙戦艦ヤマト」が放映されたのは,1974年10月から1975年3月まで。

原作は松本零士。                                   

映画「宇宙戦艦ヤマト」が公開されたのが1977年8月6日。

映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」が公開されたのが1978年8月5日。

当時,朝守令彦は18才。

映画館に観に行きましたよ。

スクリーンに花束は投げなかったけど。

 

「銀河鉄道999」は,1977年から1981年にかけて「少年キング」に連載された松本零士のマンガである。

 

「銀河鉄道999」は,連載中にアニメ映画化された。

 第1作「銀河鉄道999」は1979年8月4日公開。

 第2作「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」は1981年8月1日公開。

 監督は2作とも「りん たろう」。

 

1970年代後半から1980年代にかけて,松本零士はブームだった。

 

 「さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅」は,星野鉄郎が,惑星プロメシュームの心臓部に,ドクター・バンが入ったカプセルを投げ込むシーンが最後の山場である。

 

 「ロード・オブ・ザ・リング」で魔王サウロンの指輪を「滅びの山」の火口に投げ入れるのと似ている。

 もっとも鉄郎の場合は,ストーリーがストレートなので,フロドのような葛藤がなくて,わかりやすい。

 

 「銀河鉄道999」が「宇宙戦艦ヤマト」とちがってわかりにくいのはメーテルの存在である。

第1作でも第2作でも最後にメーテルは鉄郎と別れる。

鉄道の駅での別れというと,デビッド・リーンの「旅情」を思い出す。

「旅情」は大人の映画ですが。

 

「銀河鉄道999」で,メーテルはなぜ鉄郎と別れるか。

映画ではその理由については描かれていない。

 

「銀河鉄道999」は星野鉄郎という少年の夢と冒険を描いている。

少年は,心躍らせる冒険を夢見る。

しかし,少年は,永遠に少年のままでいることはできない。

大人になるのだ。

 

鉄郎が夢見る心躍る冒険,これをメーテルが象徴している。

メーテルは青春の夢である。

 鉄郎は,メーテルと旅をし,そして,メーテルを卒業しなければならないのである。