〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

防災の日に何かしましたか?

本日9月1日は防災の日です。

ご存じかもしれませんが、1923年(大正12年)の9月1日に関東大震災が起こりました。

 その大惨事を忘れないため、また台風の被害の多い時期であることから、災害に備え、防災意識を高めようと、1960年(昭和35年)に制定されたようです。

 

「天災は忘れたころにやってくる」とよく口にします。

また阪神大震災などは、多くの人が関西では大きな地震は起こらないと思い込んでいたところに起きました。 

 

年に一度は、過去の災害の教訓を思い出し、もしかの事態に備えることは日本においてはとても大切なことだと思います。

 

自然現象は食い止められませんが、災害による被害は、日頃の備えで減らすことが可能だと思います。

例えば、基本的なことでは、停電に備えて懐中電灯(今はLEDライト)があれば、暗闇でつまずき、ケガするのを防げるように。

身の回りで、備えることはいくつもあると思いますので、一つより二つ、二つより三つと、少しでも備えを多くしておけばいかがでしょう。

 

日々の生活の中では、天災以外にもいろいろな災い(禍)があると思います。

それも、備え(早めの対策)で減らせる、防げることがあると思います。

例えば、最近多くなっている自転車の交通事故などは、交通ルールの再認識や自転車の整備で確実に防げると思います。

 

さあ!防災の日に身の回りの備えをしましょう!