〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

ワンネスグループ ☆ あさもりのりひこ №152

10月20日(火),司法修習生を大和高田市にあるワンネスグループの本部に連れて行く。

 

 奈良に配属された司法修習生は,10月と11月は選択型実務修習の時期である。

 選択型実務修習は,指導担当弁護士の法律事務所をホームグラウンドとして,弁護士会・裁判所・検察庁が個別に用意したプログラムを選んで受講するのである。

 

 奈良弁護士会の刑事弁護委員会は,毎年1週間(月曜日から金曜日までの5日間)刑事弁護活動を習得するプログラムを提供している。

 刑弁プログラムの2日目は「GARDEN見学」であり,その担当が朝守である。

 

 「GARDEN」は薬物依存症の治療施設で,もともとは「奈良ダルク」と言った。

 今年は「奈良ダルク」設立から10周年である。

 朝守は「奈良ダルク」のときから,10年来の付き合いになる。

 

「セレニティパークジャパン」はアルコール依存症とギャンブル依存症の治療施設である。

 この「GARDEN」と「セレニティパークジャパン」が「ワンネスグループ」を作っている。

 

 今年,刑弁プログラムを選択した司法修習生は1人・・・

 司法修習生が1人では寂しいので,朝守が指導している司法修習生も連れて行くことにする。

 

 午前9時に「なら法律事務所」に司法修習生2人が来て,30分間,朝守が薬物犯罪と依存症についてスライドを使ってレクチャーする。

 朝守が運転するトヨタ・アルファードで大和高田市の「ワンネスグループ」へ。

 20分で着く。

ゴールデンレトリーバーの「デンちゃん」が歓待してくれる。

 ボルゾイの「おリュウちゃん」もいる。

 午前10時から午後3時まで,ミーティング,プログラム,体験談などなど依存症からの回復について学ぶ。

 接見室では聞けない話が満載である。

 

 案内してくれたのは,スタッフの酢谷映人(すやえいと,と読む。本名である)さん。

 彼も薬物依存症からの回復者である。

 酢谷さんが,依存症から立ち直るきっかけになった話を聞いて,胸が熱くなる(じ~ん)。

 司法修習生ふたりは「耳ダンボ」状態。

 酢谷さんは,朝守らと話していたせいで昼飯を食べ損ねた(ゴメンね)。

 

 依存症の人たちの話を聞くと,その悩みや感情や考え方などに共感する。

 そして,自分自身の「弱さ」と真正面から向き合おうとする彼らから,いつもパワーをもらうのだ。