〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

マラソン後 ☆ あさもりのりひこ №189

長崎県五島市の福江島は,面積326.48平方キロメートル,人口3万6429人の島である。

面積は奈良市と生駒市を合わせたくらいの広さで,人口は葛城市と同じくらいの人数である。

 

630年から839年まで,遣唐使が日本と唐を行き来した。

遣唐使が日本を離れるときに,最後に寄港したのが福江島である。

五島市三井楽町には「遣唐使ふるさと館」という道の駅があって,遣唐使に関係する資料を展示している。

 

第16回五島つばきマラソンは,「遣唐使ふるさと館」をスタートしてゴールする42.195キロのコースで開催された。

 

2016年2月27日(土),伊丹から福岡を経由して五島福江に飛ぶ。

昼過ぎに五島福江空港について,まずは,「五島うどん」で腹ごしらえ。

タクシーに乗って,30分ほどで民宿「西光荘」につく。

庭に「つばき」の花が咲いている。

福江島は「つばき」の島である。

スタート地点の「遣唐使ふるさと館」を下見する。

宿から歩いて10分くらい。

「遣唐使ふるさと館」で五島名物「かんころ餅」を買う。

「西光荘」の料理と食器がすばらしい。

魚がおいしい。

米がおいしい。

器は手作りである。

 

2016年2月28日(日),快晴である。

予想最高気温は17℃。

最高のコンデションである。

午前9時スタートで,制限時間は7時間なので,午後4時までに帰ってこなくてはならない。

 

最初の10キロを1時間1分で走る。

マイペースである。

沿道で,地元の人たちが熱心に声援をおくってくれる。

給水所(エイド)では,水,スポーツドリンク,かんころ餅,ミディトマト,梅干し,バナナ,ゼリーを提供していただく。

紙コップもスタッフが丁寧に回収してくれるので,紙コップが散乱していたり,路面が水浸しになったり,ということはまったくなかった。

スタッフが,ゼッケンの番号と参加者名の一覧表を持っていて,エイドを通り過ぎるときに,名前を呼んで応援してくれるのには力づけられた。

 

14キロを過ぎたころからペースが少しずつ落ちはじめる。

まず,左の足の裏の内側が痛む。

そして,左の膝の外側が痛みはじめる。

そのうち,歩いたり,走ったりの繰り返しになる。

復活をめざしたが,ダメ。

28キロからは,走れなくなって,歩く。

タイムオーバーして収容されないように,ひたすら歩く。

 

なんとか制限時間内にゴールにたどりつく。

タイムは6時間43分37秒。

前半の3分の1は,快調に走った。

中盤の3分の1は,走ったり,歩いたり。

後半の3分の1は,歩いた。

これでは「完走」ではなくて「踏破」である。

 

はじめてのフルマラソンは苦い経験になった。

 しかし,五島つばきマラソンの運営はすばらしかった。

 民宿「西光荘」の料理もすばらしかった。

 もう一度,来たい。