〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

転倒するということ ☆ あさもりのりひこ №214

2016年4月6日(水)午前5時30分ころ,早朝ジョギングをしていて転倒した。

つまり「こけた」のだ。

ランニングしていて,こけたのは2回目である。

 

4月6日も,いつものように午前4時30分くらいに起床した。

歯を磨いて,顔を洗ってから,コアトレと柔軟体操でからだをほぐす。

 

そして「あしふり」を左右30回ずつ。

「あしふり」は段差のあるところで,軸足を固定して,片方の脚を前後に振るのだ。

右脚を振るときは左手,左脚を振るときは右手,つまり軸足の方の手を壁や柱に当てて安定を保つ。

脚と胴をつなぐ大腰筋を動かすトレーニングである。

 

夜明け前にスタート。

10~11キロのコースを1時間10分くらいで走る。

4月6日は,山裾を走るコースで,行きと帰りに長い上り坂がある。

いつものコースをいつものペースで順調に走っていた。

20分くらい走って,行きの上り坂が始まろうとしていた。

そこは,遊歩道で,30㎝四方の薄い石版が埋め込んであって,石畳のようになっている。

石版の表面はなめらかですべりやすい。

しかし,朝守はすべって転んだのではなかった。

その遊歩道を溝が横切っていて,溝のうえにグレーチング(格子状の鉄板)がはめ込んである。

グレーチングは,路面より数ミリ浮いている(高い)。

右足のつま先がその数ミリにひっかかったのだ。

 

あっ!

と思った瞬間,身体は前に倒れ,膝と肘を路面に打ちつけて,石畳のうえをすべった。

右肘と左膝をしたたかに打った。

痛てぇ。

 

自分の身体のどこが,どの程度損傷したのかを確かめるために,しばらく歩いて坂をのぼった。

出血はしていない。

右肘と左膝は痛いが,折れてはいないし,捻挫もしていない。

筋も痛めていない。

こけたときに,路面をすべったので,衝撃が逸れて,打ち身ですんだようだ。

長袖シャツを着て,冬用のランニングタイツを履いていたのも幸いした。

 

上り坂の途中から,気を取り直して,ふたたび走り出す。

走っているときは,それほど痛みは気にならない。

走り終わってから,200メートルダッシュも3本こなした。

 

右肘と左膝は翌日の方が痛んだ。

遅れて症状が出るようになった。

 

とほほ。