〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

少し終活のことを考えてはどうでしょう?

 

本日は事務局が担当です。

 

毎日残暑厳しい日が続いていますが、今朝の大和八木駅前の空は、少し雲が有り、少し風があり心地の良い朝でした。

 

今年もお盆が過ぎましたが、皆さんはどのようにすごされましたか?

 

我が家は、私の実母が五月に亡くなったので、初盆等の行事の夏になりました。

 

世間では、よく初盆に親族が集まり、相続・遺産分割の件で話し合いになると聞きますが、亡き母の遺産は殆ど無く、身の回りの片付けだけが残っているので、父が少しずつ行っているようです。

 

しかし、世間では故人亡き後の処理でイロイロな事柄が発生しています。

 

本日は、午後から朝守弁護士が相続財産管理人に選任された事件で、ある故人の方の住まいの確認に行きます。

 

相続財産管理事件とは、亡くなられた方の法定相続人が存在しない場合に裁判所より選任を受けて、故人の方の清算処理を行います。

 

多分、その故人の方は、このような手続きになるとは思ってなかったことでしょう。

 

来月には、お彼岸でお墓参りに行かれる方も多いと思いますが、そんな時は、60代以上の方もしくは身内に高齢の方がいる方は、一度終活の事を考えられる機会かと思います。

 

亡くなった後にどのような事態、どのような処理が発生するのか?

事前にいろいろなことに備え(準備)をしておけば、周りの方の負担を減らせることが結構あると思いますので、よりよい人生であるためにも、少し終活のことを考えてはどうでしょう。