〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

話を目で眺め、事実を耳で聞く ☆ あさもりのりひこ No.291

アメリカ合衆国の大統領選挙で、ドナルド・トランプ(共和党)がヒラリー・クリントン(民主党)を破った。

それぞれが獲得した選挙人数は、トランプが306人、クリントンが232人である。

得票数を見ると、トランプが6037万5691票、クリントンが6104万7207票で、クリントンの方が約67万票多い。

しかし、6000万人以上の有権者がトランプを支持した、ということでもある。

 

 古代ギリシャの盟主アテネの政治家クレオンが市民に語った言葉を思い出す。

『諸君はつねづね、話を目で眺め、事実を耳で聞く、という悪癖を培ってきた。

奇矯な論理で誑かされやすいことにかけては、諸君はまったく得がたいカモだ』

口達者な者の話には「そのとおり」と思って目を奪われ、事実を自分で見ないで耳から信じる、という意味である。

 

トランプは型破りな政策で一時的な活況を生むかもしれない。

しかし、アメリカ合衆国という帝国の衰退と縮小は止まらないだろう。

アメリカ合衆国という巨大な帝国は、備蓄した国力を持っているので、坂道を転げ落ちるように衰えることはないが、ゆっくりと、しかし確実に衰微して、その支配圏を徐々に狭めていくことになる。

トランプの政策は、経済を活性化させるように見えて、実は国力を蕩尽し、結果的には帝国の衰退を早めることになると思う。

そして、巨大な帝国が沈んでいくときには、その巨大さ故に帝国のまわりのものも巻き込んでいく。

宗主国が没落するとき、属国もそのあおりを食って没落することになる。 

 

 

2017年1月20日、ドナルド・トランプはアメリカ合衆国の第45代大統領に就任する。

宗主国の統治者がドナルド・トランプで、属国の統治者は安倍晋三である。

宗主国が宗主国なら、属国も属国である。

彼らを支持する有権者がいるのだ。

やれやれ。

 

10代前の第35代大統領は、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディであった。

1963年11月22日、ジョン・F・ケネディは暗殺された。

 

ケネディ暗殺から53年経って、世界は、また暗黒の時代を迎えたのだ。