〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

五島つばきマラソンへの道 復活 ☆ あさもりのりひこ No.305

左肩の「石灰沈着性腱板炎」のその後について書く。

 

2017年1月27日(金)、接骨院で施術を受ける。

ランニングマシーンで、傾斜5%、時速6キロで20分間歩く。

自動車を運転しても左上腕が痛む。

夜、なんとか眠れるようになる。

夜中に2回目覚めるが、その時は左腕が痺れていてダルい。

 

1月28日(土)、体重が1週間で2.8キロ落ちていた。

 びっくり!

 この1週間、運動できなかったので体重は増えていると思っていたのに。

 痛みで眠れないと体重は落ちるらしい。

 ダイエットしたい人に「石灰沈着性腱板炎」はオススメかもしれない。

接骨院で施術を受ける。

ランニングマシーンで、傾斜5%、時速6キロで20分間歩く。

 前日は運動靴を履いて歩いたが、この日は運動靴を履かないで靴下で歩いた。

 

1月30日(月)、早朝にコアトレと柔軟運動をする。

 左上腕に負荷がかかると痛い。

接骨院で施術を受ける。

ランニングマシーンで、傾斜3%、時速8~10キロで20分間走る。

走っているときに右上腕は傷まなかったが、走り終わった後、右上腕が痺れていた。

やっと、朝まで眠れるようになる。

 

1月31日(火)、早朝に軽く筋トレをする。

 やはり、左上腕に負荷がかかると痛い。

接骨院で施術を受ける。

ランニングマシーンで、傾斜3%、時速8~10キロで20分間走る。

 走っているときも、走り終わった後も右上腕は痺れなかった。

 マスター(柔道整復師)から「回復が早い」と言われる。

 また「小まめに水分を補給するように。風邪の予防になるから」とアドバイスを受ける。

 

2月1日(水)、早朝に筋トレをする。

 いつものメニューの60%くらいの運動量だが、無事にこなすことができた。

 左上腕はすこし痛む。

 

2月2日(木)、早朝に筋トレをする。

 いつものメニューの運動量をこなす。

 左上腕に負荷がかかるトレーニングはまだ痛む。

 日常生活の範囲では左上腕はほとんど痛くない。

 少しずつ良くなってきている。

 しかし、少しずつしか良くならない。

 

 

五島つばきマラソンまであと23日である。