〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

オーガニック ☆ あさもりのりひこ No.317

農薬を使わない。

化学肥料、化学調味料を使わない。

安心して食べることができる食べ物を選んでいる。

オーガニックな食べ物を手に入れる方法としては、市場(マーケット)で買うか、店舗で買うか、取り寄せるか、である。

 

まず、朝守が利用している市場(マーケット)から紹介する。

 

「明日香ビオマルシェ」(右の写真)

毎週金曜日の午前9時から12時まで、明日香夢の楽市の駐車場で開催される。

地元の生産者が新鮮な野菜、卵、海藻、カレー、パン、コーヒーなどを提供してくれる。

我が家の食材を支えている存在である。

 

「奈良オーガニックマーケット」(下の写真)

毎月最終日曜日の午前9時から午後2時まで、JR奈良駅前で開催される。

「明日香ビオマルシェ」は野菜が中心だが、こちらは様々。

ハム、ソーセージ、はちみつ、豆腐、米、日本酒からフンパン(ふんどしパンツのことだよ)まで、いろんなお店が並ぶ。

 

つぎに、朝守が利用している店舗。

 

「旬の里 まみが丘店」

北葛城郡広陵町にある。

「明日香ビオマルシェ」や「奈良オーガニックマーケット」の品々も置いてある。

「ばあく」の肉まで手に入る。

いつでも買いに行けるので重宝している。

 

「五ふしの草」

奈良市芝辻町にある。

「奈良オーガニックマーケット」を運営している主体でもある。

 

最後に、お取り寄せ。

 

「コープ自然派奈良」

『無農薬』『省農薬』の表示がはっきり、しっかりしている。

遺伝子組み換えの有無も細かく表示してくれている。

欲しいものがすぐに手に入らないが、急がない食べ物なら大丈夫である。

 

これらの食品のおかげで、豊かで健康な食生活を送っている。

 

加工食品を買うときには「成分表示」を見るクセがついた。