〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

セカンドオピニオン@事務局より

皆さんこんにちは。今日は事務局が担当します。

卒業式シーズン真っ只中ですが,まだまだ朝は冷えますね。

 

 

さて,身内ごとですが,先月から,90才を超える祖母が,原因不明の

腫れで両手に痛みを訴えていまして。

 

最初は左手だけだったのですが,手がむくみ,手首辺りからぱんぱんに

腫れ上がっていて指も曲げられない状態でした。

 

長年通っている近くのかかりつけの病院へ行っても,

原因が分からないのでしばらく経過観察のため毎日通うようにと言われ,

家族が付き添い通院していましたが,次第に右手まで腫れてしまい,

物も持てず両手が使えない状態となってしまいました。

 

 

セカンドオピニオンを勧めてみたものの,

祖母本人は,痛みがなかなか取れないことは不安ながらも,

別の病院へ行って一から説明するのが大変だからと,

処方してもらったリウマチの薬を飲み,リハビリに通い続けていました。

 

 

しかし,1ヶ月経ち,

腫れは少しひいたものの一向に治る気配がありません。

 

 

身内だけでなくヘルパーさんの勧めもあって,

ようやく重い腰を上げたのですが・・・。

 

セカンドオピニオンのため訪れた病院で今飲んでいる薬を見てもらったところ,診察した医師からの第一声は,

 

「貴方の年でこんな強い薬を飲んでいると死にますよ!」

 

という衝撃の言葉!(゚Д゚)(゚Д゚)

 

 

長年通っている病院で何かと分かって貰ってるし,先生も信頼しているけど,

もっといい薬があるかもしれないから一度みてもらおう。

 

そう思っていた祖母も,付き添っていた家族も,

医者の話に大変ショックを受けて帰ってきました。

 

セカンドオピニオンを受けないまま薬を飲み続けていたらと思うと

正直ぞっとします。

 

 

世間でも,少しは定着してきた「セカンドオピニオン」。

 

もちろん一番大切なことは,

何か異変があればすぐ病院で診察を受けることだと思いますが,

自分の症状や治療方針で心配なことがあるなら,今受けている治療が

正しいのかどうか,別の治療法はないのか,セカンドオピニオン

受けることも大切だと実感しました。

 

ただ一つ問題なのは,医師にセカンドオピニオンを申し出るのが,

まだまだ言い出しにくい雰囲気があること。

先生の顔をつぶすようだからと抵抗を感じる人も少なくないと思います。

患者や家族にとって,もう少し利用しやすい仕組みになれば

いいのですが・・・(^_^;)