〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

アーサー・ビナードさんの話を聴く ☆ あさもりのりひこ No.329

2017年3月28日(火)、奈良商工会議所で、詩人のアーサー・ビナードさんの話を聴く。

演題は「アーサーさんには、どんな明日が見えますか」

話題は、駆け付け警護の英訳、トランプとクリントンとオバマ、米国第一主義、原子炉と原子爆弾、原子爆弾が投下された目的、マーシャル諸島での核実験、オバマが広島に来た意味などなど。

どの話題も、ずばりと本質に切り込む舌鋒鋭い話だった。

 

ビナードさんは、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」についても話した。

詩の全文を朗読した後、ビナードさんが注目したのは次の部分である。

 

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

 

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

 

南ニ死ニソウナ人アレバ

行ッテコハガラナクテモイイトイヒ

 

北ニケンクワヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイヒ

 

「東」「西」「南」の3文と「北」の1文の違いは何か?

まず、『ガ』があるかないか。

「コドモアレバ」「母アレバ」「人アレバ」に対して「ソショウガアレバ」

「北」の1文には『ガ』の一文字がある。

これは、宮沢賢治と「病気ノコドモ」「ツカレタ母」「死ニソウナ人」との距離がない、密接であることを示している。

 

つぎに『行ッテ』があるかないか。

「東」「西」「南」の3文には「行ッテ」があるのに対して、「北」の1文には「行ッテ」がない。

宮沢賢治は「病気ノコドモ」「ツカレタ母」「死ニソウナ人」には『行ッテ』すなわち駆け付けて、看病し、稲の束を負い、怖がらなくてもいいと言う。

しかし、喧嘩や訴訟があっても宮沢賢治は行かない。

近寄らないで、距離を置いて、つまらないからやめろ、と言う。

争いに駆け付けると巻き込まれるからである。

 

ビナードさんは、詩人であるので、言語感覚が鋭い。

日本人より鋭い。

ビナードさんは、小学校で英語なんか教えなくていい、6年間「宮沢賢治」だけを教えればいい、と言う。

 

卓見である。