〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

モチベーション ☆ あさもりのりひこ No.344

「明日できることは、今日やらない」

遠藤周作の言葉らしい。

時間に追われ、仕事に追われている者にとって、魅惑の言葉である。

 

しかし、この言葉を実践していると、どんどん仕事が溜まってくる。

やらなければならないことはわかっている。

しかし、モチベーションが湧かないので後回しにする。

これが負のスパイラルとなって旋回する。

 

仕事が山のようにあって、仕事がたまるパターンがある。

モチベーションが湧かないので仕事がたまるパターンがある。

どちらも「やる」しかないのであるが、後者はそのきっかけが難しい。

やらなければならない。

しかし、なかなかできない。

悶々としながら時間だけが過ぎていく。

 

こういうパターンは何回も経験している。

「何回も経験している」ということは「進歩がない」ということである。

このどうにもならない局面を打開するのは、最後は「怒り」である。

いつまでもウジウジと逃げている自分自身に腹が立ってくる。

腹が立った勢いで「えい!や!」と局面を突破する。

そして、仕事が進み出す。

いつもそうだ。

 

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で、千尋たちがロープを引っ張って、オクサレ神の身体から捨てられた自転車を引き抜くシーンがある。

自転車が引き抜かれると、次から次へといろんな廃棄物がドドドッ―と溢れ出てくる。

あんな感じである。

仕事は廃棄物ではないが、自分の中に溜まっていた不満が一気にブゥアーと噴出する感覚がある。

 

仕事が進み出すと、「よきかな」という気分である。