〒634-0804

奈良県橿原市内膳町

1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄大和八木駅から

徒歩3分

 

電話 

0744-20-2335

第21回大阪・淀川市民マラソン ☆ あさもりのりひこ No.462

11月5日(日)、第21回大阪・淀川市民マラソンを走った。

 

そもそも、奈良マラソンのエントリー前に、もし奈良マラソンにエントリーできなかった場合に備えて(保険として)エントリーしたのが、大阪・淀川市民マラソンであった。

 

奈良マラソンに無事エントリーして、さて、大阪・淀川市民マラソンはどうしようか、と考えた。

奈良マラソンの5週間前にフルマラソンというのは、ちょっとキツイ。

しかし、キャンセルしてもエントリー料金7000円は帰ってこない。

制限時間は7時間20分とランナーフレンドリーな設定だし、いっちょ走ってみるか、という身の程をわきまえない判断で出場を決めたのであった。

 

10月30日(月)、風邪気味である。

風邪薬を月曜日から土曜日まで飲み続ける。

なんとか風邪の症状の悪化を押さえ込んだ。

しかし、毎朝のトレーニングはまったくできなくて、柔軟体操とコアトレだけの1週間になった。

 

11月5日(日)、走れる体調である。

淀川河川敷の会場にスタート1時間前に着く。

参加賞のTシャツをもらって、荷物を預けて、トイレを済ませて(長蛇の列でだいぶ待った)、スタートのブロックに立つ。

午前9時40分スタート。

5000人以上が走るので、朝守がスタートラインを跨いだのは、スタートの号砲から約6分経っていた。

ゲストの高橋尚子さんが「檄」を飛ばしていた。

 

走り始めてしばらくすると、後ろがざわついている。

振り返ると、高橋尚子さんが走ってくる。

真後ろに来たので、高橋さんとハイタッチする。

 

最初の10キロは1時間10分くらいで通過。

予定どおりである。

晴れていて、コンディションはいい。

20キロを2時間30分くらいで通過。

このタイムも予定どおりである。

 

しかし、20キロ手前くらいから脚が重くなってくる。

中間点を過ぎて、22キロ地点で脚が止まった。

まだ、20キロ残っている。

とにかく歩く。

腰がだるい。

なんとか歩き続ける。

エイド(給水所)で果物(みかん、バナナ)と水を補給する。

ひたすら歩く。

ベンチに座って休む。

ランニングではなく、競歩である。

河川敷の芝生に寝転んで休みたい、という誘惑と戦いながら歩く。

 

最後の折り返しは、制限時間2分前になんとか通過する。

時速6キロくらいの速度で歩き続けて、制限時間内にゴールに辿り着いた。

タイムは7時間1分。

 

とほほ。