〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄大和八木駅から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

🈺

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

ギランバレー症候群@事務局より

皆さんこんにちは。事務局が担当します。

 

いよいよ12月も差し迫ってきました。

 

朝晩も冷えこみ,暖かいお鍋が美味しい季節ですね。

 

ですが,今日は皆さんに

 

ちょっと気をつけていただきたいお話を一つ。

 

 

皆さんは,「ギランバレー症候群」という病気を知っていますか?

 

私も耳にしたことがあるだけで,どんな病気なのかは全く知りませんでしたが,

 

先日,身内がこの病気の疑いで入院したことがきっかけで知りました。

 

 

 

「ギランバレー症候群」とは,日本では難病指定されている病気の一つで,

 

筋肉を動かす運動神経に障害がおこり,両手両足に力が入らなくなる病気です。

 

私たちが細菌やウイルスに感染した際,病原菌を攻撃し体を守るために抗体が

 

作られますが,この病気の場合は,その際に抗体が誤って運動神経を攻撃して

 

しまい,障害がおこります。

 

 

 

私の身内の場合も,最初は熱が出て,ひどい腹痛や下痢の症状があり,近くの

 

病院で受診したところ,腸にくる風邪だろうということで薬を処方してもらい

 

ました。

 

しかし,2週間後,朝起き上がろうとした際に,足に力が入らず転倒しました。

 

翌日には,自力で立ち上がることもできなくなり救急車で病院に運ばれました。

 

本人も家族も突然のことで何が何だか分からない状況でした。

 

当初,医者からは最悪のケースだと自発呼吸ができなくなる場合もあるとの

 

説明を受け,一時はどうなることかと心配しましたが,幸い,病院で受けた

 

免疫剤の点滴治療がよく効いたおかげで,自力で歩行できるところまで回復し,

 

無事退院することができました。

 

 

 

この病気を発症した例の中には,風邪や胃腸炎などのほか,

 

生の鶏肉や豚肉を食べたことによる感染例もあります。

 

私の身内の場合は,焼き鳥屋で少し生焼きだったものを食べたのが

 

原因と思われます。

 

皆さんも,鶏肉や豚肉を食べる際には,火が通っているかどうか,

 

よくご確認ください。