〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄大和八木駅から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

🈺

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

ロコモ予防 @事務局より

皆さんこんにちは。今日は事務局担当日です。

 

先週末から一気に暑くなり、初夏の天気が続いていましたが、

今日は雨のためか、少し涼しいですね。

寒暖差が激しいと体調を崩しやすくなりますので、お気を付けください。

 

 

さて、皆さんは、「ロコモ」という言葉を聞いたことはありますか。

 

ロコモとは、

「ロコモティブシンドローム(和名:運動器症候群)」の略称で、

運動器(筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など)の障害のために

移動機能の低下をきたした状態のことを言います。

 

足の筋肉の衰えで転倒する事故が増えており、

高齢者が緊急救急搬送された理由の8割以上が転ぶ事故によるものだそうです。

 

転んで骨折すると寝たきりになってしまって、

そのことをきっかけに認知症になるリスクも高まります。

 

生涯健康で生きるためには、いつまでも自分の足で歩き続けていくために、

運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが

必要です。

 

先日家族で見ていた番組の中で、簡単な足の筋力テストが紹介されていました。

ごくごく簡単なテストなので、一度お試し下さい。

高齢者の方は、念のため周りに介助してくれる人が居る状態でしてくださいね。

 

 

テストは椅子からの立ち上がりテストです。

 

①まず、高さ45センチぐらいの椅子に腰掛けてください。

 

②腕を組んだ状態で、右足、左足どちらでも構いませんので

 片足を上げた状態で、勢いをつけずに立ち上がってください。

 

③3秒間その状態をキープしてください。

 

 

さあ、どうでしょうか?ふらつかずにできましたか?(^^)

 

これができるかどうかが将来歩けなくなる可能性の目安とのこと。

 

ふらつかず、きちんと3秒間立てたという方は、

可能なら40センチ、35センチにも挑戦してみてください。

35センチでも大丈夫だった!という方は心配ないようです。

 

男女とも20~30代の頃をピークに少しずつ筋量が減っていき、

60代になると筋力はさらに減少し、80歳までには、

ピーク時の30~40%に低下するといわれています。

 

ちなみに、今からすぐ始めることができる予防法として効果的なのは、

1日10回のスクワットです。

 

10分と言われると長続きしないかもしれませんが、

10回なら気軽にできますよね。

(効果的なスクワットについては、インターネットで調べてみてください。)

 

不安を感じた方は、今すぐ始めてみては?