〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄大和八木駅から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

🈺

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

揺れ

大和八木 弁護士

みなさん、こんにちわ。

本日は事務局担当日です。

 

昨日の大きな地震、怖かったですね・・・。

 

私の自宅付近の震度は4あり、揺れの時間も長く、2階にいたので、すぐに玄関へ向かおうとしたのですが、まっすぐ歩けませんでした。

揺れが落ち着いても目がまわっている感じがしました。

 

子どもがすでに登校していたので、

出勤途中、学校に行ってみると児童は校庭に避難し、先生が点呼をとっていました。

校内点検が終わったら通常授業が始まるとのことで、

出勤しようと西大寺駅へ行ったのですが・・・・

 

ひと。ひと。ひと。

もちろん電車はとまっており、ホームにとまったままの電車にも人が乗ったままの状態が改札口から見えました。

改札口付近も会社員や学生であふれかえっており、ひとまず駅むかいの三和ビルで待機しようと思ったら、

ビル1階のコーヒーショップも人であふれかえっていました。コーヒーを買うのにも1時間くらい並んだでしょうか。

座るところもなく、仕方なくビルのエントランス付近でしゃがみ込み、

駅から聞こえてくる駅員さんのアナウンスに耳を傾けていました。

電車が運転再開し、事務所に着いたのは12時45分頃でしょうか。

事務局長は、地震発生時にすでに大和八木駅の数駅手前にいたそうで、9時には出勤できていたそうです。

弁護士が抱えていた法廷の裁判官の出廷が遅れたり、

相手先の法律事務所の電話がずっと留守電だったり(恐らく出勤できなかったのでしょう)、いろいろありました。

 

京都府八幡市に住む友人宅は、古いお寺なのですが、

家の内外の壁がひび割れ、瓦が落ち、なかなか厳しい状況だそうです。

学校勤務の友人は、理科室の薬品が散乱し、有毒ガスが発生したとのこと。

JRの中に閉じ込められ、最寄り駅まで線路上を歩いた友人もいました。

また、お亡くなりになった方のご親族の胸中をおもうと胸が痛みます。

帰宅後、夜中にもしものことがあったときのために

靴と服、懐中電灯と保険証を枕元に用意し、

災害時用に用意していた水とようかん等の食料をとりだしてみたところ・・・

見事にすべて半年以上の賞味期限切れ(-_-;)

ついつい、日常を優先し、後回しになっていました。

 

大きな余震がこないことを祈り、

これ以上被害が拡大しないことを願い、

落ち着いたら備えをきちんとしたいと思います。