〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

走ることについて語るときにオイラが語ること ☆ あさもりのりひこ No.592

【男子マラソン】

2002年、シカゴマラソンで、高岡寿成選手が2時間6分16秒で走った。

この日本記録は、その後16年間破られることがなかった。

2018年2月、東京マラソンで、設楽悠太選手が2時間6分11秒を記録して、16年ぶりに日本記録を更新した。

その8か月後の2018年10月、シカゴマラソンで大迫傑(すぐる)選手が2時間5分50秒を記録して、日本記録をさらに21秒縮めた。

 ここに来て、日本の男子マラソン界は活気づいている。

 

 世界では、2018年9月、ベルリンマラソンで、エウリド・キプチョゲ選手(ケニア)が2時間1分39秒の世界新記録を樹立した。

 それまでの世界記録を一気に1分18秒も縮める快走であった。

 

 これまでに2時間5分を切ったランナーは40人いるが、いずれもケニアかエチオピアの選手である。

 ちなみに、大迫傑選手の2時間5分50秒は世界歴代75位、設楽悠太選手の2時間6分11秒は世界歴代94位の記録になる。

 

 設楽悠太選手が高岡寿成選手の日本記録を破る前の時点で、世界記録と日本記録の差は3分19秒であった。

 現在、世界記録と日本記録の差は4分11秒に広がっている。

 世界記録が2時間を切るまでに、日本は世界に追いつけるのだろうか。

 

【女子マラソン】

女子マラソンの世界記録は、2003年にロンドンマラソンでポーラ・ラドクリフ選手が記録した2時間15分25秒である。

 この記録は15年間破られていない。

 2時間17分を切ったランナーはラドクリフ選手しかいない。

 

 日本記録は、2005年にベルリンマラソンで野口みずき選手が記録した2時間19分12秒である。

 この記録は13年間破られていない。

 ちなみに、野口みずき選手の2時間19分12秒は、現在でも世界10位の記録である。

 世界記録と日本記録の差は3分47秒のままである。

 

 世界も日本も、男子に比べて女子の記録が低調である。

 

奈良マラソン2018まであと45日。