〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

五島つばきマラソン ☆ あさもりのりひこ No.627

2月23日(土)午前6時46分、近鉄大和八木駅を出発し、午後3時20分、長崎県五島市の福江空港に着く。

バスで福江港に移動して、前日受付を済ませる。

福江港からバスで約50分、五島市三井楽町の「遣唐使ふるさと館」で降りる。

バス停から歩いて7、8分で民宿「西光荘」に到着。

定宿である。

料理が美味しい。

 

2019年2月24日(日)、第19回五島つばきマラソンである。

4年連続4回目の出場。

今年のティーシャツは紺色。

背中に「ここが我慢のしどころだ!」と横書きで印刷されている。

ランニング用のポーチとランニングパンツのポケットにエナジージェルを詰め込む。

オーガニックスポーツドリンクとエナジーバーと芍薬甘草湯ゼリーも持つ。

携帯したカロリーの合計は1859㎉

ポーチを着けてフルマラソンのレースを走るのは初めてである。

天気は、晴れ。

絶好のマラソン日和である。

 

午前9時、スタート。

17㎞地点まで、1㎞あたり6分から7分のペースで順調に走る。

給水所毎に、水かアクエリアスを飲んで、かんころ餅、バナナ(1/2本)、梅干し、ミディトマトを食べる。

2㎞毎に、携帯したエナジージェルを補給する。

 

18㎞と19㎞で、1㎞あたり9分くらいにペースダウン。

20㎞地点で、1㎞あたり7分に一旦持ち直した。

沿道の声援にできるだけ声を出して応え、給水所では、スタッフの人たちと話しをすることで、元気をもらう。

 

21㎞から28㎞まで、1㎞あたり8~9分に落ちた。

29㎞地点で1㎞あたり7分に一旦持ち直したものの、30㎞から40㎞まで、1㎞あたり8~9分にペースダウン。

脚が動かなかった。

 

41㎞地点で1㎞あたり7分に持ち直した。

最後の給水所で水とアクエリアスを補給した後は、身体に力が戻ってきて、42㎞地点では1㎞あたり6分23秒で走った。

 

16㎞から41㎞まで、心拍数は140bpm以下であった。

脚が動いてないんだ・・・

 

5時間55分でゴール。

歩かないで完走したものの、去年よりも25分も遅かった。

無念である。

エナジージェルなどは1188㎉摂取した。

 

脚が止まって、走ることができなくなるという心配はなくなった。

 

あとは、後半の失速が問題である。