〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

なにわ淀川ハーフマラソン ☆ あさもりのりひこ No.644

2019年3月31日(日)、第9回なにわ淀川ハーフマラソンに出た。

なにわ淀川ハーフマラソンは去年、フルマラソンの部が創設されて、去年はフルマラソンを走った。

去年は、レース後半、脚が動かなくなって、ヨロヨロと走っていると、後でスタートしたハーフマラソンの走者に追い抜かれて、給水所では蹴散らされるような混乱が生じた。

今年は30日(土)がフルマラソン、31日(日)がハーフマラソンと別の日に分けられたので、無用の混乱はなくなった。

 

天気予報は「晴れ」「最高気温14℃」ということだったので、タイツと長袖はヤメて、半袖のランニングシャツとランニングパンツで走ることにする。

ところが、会場に着くと、空はどんよりと曇り、風が吹きすさんで、寒い。

やれやれ。

 

午前11時10分スタート。

エントリーが3100人を超えたそうで、コースにランナーが鈴なりである。

スタートの号砲が鳴ってからスタートラインを跨ぐまで1分以上かかった。

7㎞までは1キロ6分を切る快調なペースで走る。

3キロ毎に、持参したエナジージェルと水を飲む。

8㎞から1キロ6分台になったが、大幅に落ちないように気を引き締めて走る。

17~18㎞の1キロが6分58秒かかったが、盛り返して、それ以上は落とさなかった。

「2時間15分」のペースメーカーに抜かれたので、ペースメーカーに置いて行かれないように、ペースメーカーの背中を睨んで懸命に走る。

脚の痙攣を防ぐために「芍薬甘草湯ゼリー」を2回飲んだ。

20キロを過ぎてからは、最後の力を振り絞って速度を上げる。

ふくらはぎが攣りかけるがなんとか持ちこたえる。

2時間12分15秒でゴールした。

スタートの待ち時間を差し引いた「ネットタイム」は2時間10分54秒であった。

1キロの平均ペースは6分11秒。

1キロ6分15秒で2時間12分を目標に走ったので、満足できる結果であった。

 

 

つぎのレースは、6月、大泉緑地の30キロである。