〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)への道 ☆ あさもりのりひこ No.652

2019年4月26日(金)から28日(日)まで、UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)が開催される。

静岡県富士市をスタートして、富士山の麓を南西北と時計回りに走って、山梨県南都留郡富士河口湖町でゴールする全長約167㎞のトレイルランニングの100マイルレースである。

 

4月26日(金)午前12時にスタートして、4月28日(日)午前10時が制限時刻である。

制限時間は46時間。

2日間走り続けることになる。

累積標高差は約8000m。

出場するランナーは約2400人。

 

と言っても、朝守が出場するわけではない。

 エントリーできる条件が厳しいし、抽選もある。

 朝守が懇意にしている奈良で屈指の女性トレイルランナーのご指名で、サポートを仰せつかったのである。

朝守はサポーターである。

 

全部で9つあるエイドのうち5か所はサポートが許されている。

この5か所のサポートエリアを順番に移動して、食べ物、飲み物、着替え、タオルなどなどをランナーに提供する。

持ち物をチェックして、ザックから要らないものを出し、必要なものを補充する。

ランナーは、167㎞を走り続けるので、サポーターもバスや車でサポートできるエイドを順に移動する。

 

この時期、富士山の麓は、昼間は30℃を超えることもあり、夜はマイナス2℃まで下がる。

サポーターは、自分自身の睡眠と食べ物・飲み物を確保する必要がある。

サポーターも体力勝負である。

 

1か月以上前から準備を進めている。

宿を予約し、電車を予約し、バスを予約した。

持っていく食べ物と飲み物をリストアップし、衣類、マット、食器その他も用意した。

サポートが許されるエイドをサポートバスで回るつもりだった。

しかし、ここにきて、サポートできるエイド5か所を順番にサポートバスで回ることができないことが判明した。

サポートバスが行かないエイドもある。

こっちの想定した時刻とサポートバスの時刻が合わない。

 

やれやれ。