〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

UTMFサポート(前編) ☆ あさもりのりひこ No.657

2019年4月26日(金)から28日(日)まで、UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)が開催された。

奈良県で屈指の女性トレイルランナーをサポートするので、1か月くらい前から少しずつ準備を始めた。

ところがUTMFのサポートなんて初めての経験でよくわからないまま時間だけが過ぎていった。

 

ゴールする大池公園がある山梨県南都留郡富士河口湖町に民宿を確保したのはいいが、奈良県から静岡県三島までの列車のチケットを確保したのは1週間前。

 

レース当日、富士河口湖町からスタート地点の静岡県富士市「富士山こどもの国」に移動するバスは予約していた。

しかし、ランナーがスタートした後に一旦富士河口湖町に戻るバスを予約していなかった。

4月20日(土)、UTMFのサイトを開いて、アクセスのページを見る。

スタート30分後に「富士山こどもの国」を出発して富士河口湖町の大池公園に行く富士急トラベルのバスがある。

なんや、ちゃんとあるやないか、と思って、富士急トラベルのサイトを開くと4月16日で「受付終了」になっている。

そげな~、と嘆いている場合ではない。

ダメ元で、富士急トラベルに電話する。

電話に出た若い男性の担当者は、受付を「開ける」ので5分くらいしたらアクセスしてください、と言う。

5分くらいしてアクセスすると「受付終了」が「受付中」になっている。

サクサクと申込み画面を打ち込んでいく。

全部打ち込んだのに、申込み完了にならない。

もう一度、富士急トラベルに電話する。

電話に出た若い男性の担当者は、連絡先の電話番号が問題ではないか、と言う。

連絡先の電話番号を全角から半角に打ち直すと、すんなり申込みは完了した。

は~、つかれた。

 

4月20日(土)夜、サポートできる5か所のエイドを主催者側が用意した巡回バスで回るの不可能であることを再確認した。

かといって、サポートするエイドを減らしたくない。

山梨まで行って、サポートするエイドが1つだけ、というのは悲しい。

急遽、レンタカーを借りて、エイドと宿を往復する作戦に変更する。

インターネットでレンタカーを検索する。

JR河口湖駅の近くにトヨタレンタカーがある。

4月26日(金)午後3時から28日(日)午前12時まで、プリウス(禁煙車)を3日間借りることができる。

プリウスは事務所の車で乗り慣れている。

サクサクとインターネットでレンタルを申し込む。

 

出発の10日前から天気予報をチェックしていた。

最初は出ていた雨の予報がなくなって、レースの3日間は天気が良さそうである。

しかし、山の天気は変わりやすいので雨具も準備することにした。

レース前の1週間に、折り畳み傘、レインウエア、折り畳み式のマットレスも買った。

雨具を使うことはない、と思っていたのだが・・・

夜の気温はマイナス2℃まで下がると聞いていたので、防寒具も用意した。

 

4月24日(水)には、補給食として天然酵母パンとトマトを買った。

 

4月21日(日)、橿原公苑でペース走をしてから、右の上腕の外側が痛み出す。

2年前、左の肩が「石灰沈着性腱炎」になって苦しんだことがある。

そのときの痛みになんとなく似ている。

4月24日(水)、外科に行ってレントゲンを撮るが「石灰沈着性腱炎」ではなかった。

被爆したこと以外は問題はない、はずであった。

 

24日(水)夜、荷物を詰め込んで用意は調った。

 

4月25日(木)、近鉄特急、JR東海「こだま」、富士急高速バスを乗り継いで、JR河口湖駅に着く。

天気はよい。

奈良県で屈指の女性トレイルランナー、サポーターは彼女の息子と朝守。

荷物は大きめのコロコロバッグ2つ、スポーツバッグ2つ、リュック1つ、手提げ鞄2つ。

すごい荷物である。

着替えと補給食その他である。

駅まで民宿のご主人が車で迎えに来てくれたので助かった。

 

民宿の部屋から富士山が見える。

荷物を部屋にあげてから、受付会場でもある大池公園に行く。

受付では、必携品がナップザックに入っているかどうかチェックを受けなければならない。

受付のテントの出口のところに、椅子と水の入ったバケツとハンドたわしが置いてある。

何人かのランナーがトレランシューズの靴底を洗っている。

何をしているんだろうと思っていると、サポートするランナーが教えてくれた。

レース当日に履くトレランシューズの靴底は洗っておく必要がある。

洗っていないと、受付会場横で、ハンドたわしを渡されて、バケツの水で靴底を洗わなければいけない。

富士山周辺の山林を走るので、在来種の植物以外の種子を持ち込んで環境を破壊しないためである。

 

受付会場の隣はEXPO会場でトレラン関連の商品がたくさん売られている。

朝守は防寒用のニット帽を買う。

キプチョゲが使用しているエナジージェルも売っていたので買った。

1こ、920円!高い!

宿に戻って夕飯をしっかり喰い、風呂に入って、早めに就寝した。

右腕の痛みはたいしたことはない。

ただ、鼻が詰まって喉がいがらっぽい。

 

しかし、サポートするランナーは1週間前から激しく咳き込んでいた・・・