〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

奈良マラソン2019への道 転倒 ☆ あさもりのりひこ No.720

2019年8月25日(日)、キトラ古墳から稲渕へ抜ける激坂を往復する12㎞を久しぶりに走る。

 

午前8時すぎに走り始める。

暑さはまだそれほどでもなく、風も吹いていて走りやすい。

 

1㎞7分前後のジョギングペースでスタート。

調子はいいが、上り坂は1㎞7分台に落ちる。

この激坂は、大きな上りが3つある。

3つ目の坂を登り切って、下るところから、ペースが上がる。

1㎞6分前後のペース走状態になる。

快調に走って、あと500メートルくらいでゴールというところで、こけた。

 

緩やかな下り坂で躓いたが、特に凹凸はない。

走り慣れた舗道である。

まず、左膝、つぎに、両手のひら、最後に、顎が舗道に打ち付けられた。

顔を上げると、顎からポタポタと血がしたたり落ちる。

黒澤明監督の「酔いどれ天使」で、三船敏郎扮するヤクザが大量に喀血するシーンがあるが、顎からしたたる血はそれほどの量ではない。

汗拭きタオルで顎を押さえてゴールする。

 

鏡で見ると、顎の下の部分がザックリと3~4㎝ほどギザギザに裂けている。

これは、バンドエイドで治る傷ではない。

 

ネットで外科を検索して、日曜日の午前中に診察している整形外科を見つけて、自動車で駆け付けて診察を受ける。

医師は、傷口を診て「これは縫わなあきませんね」と言った。

ベッドに仰向けに寝て、顎に麻酔の注射を打たれて、6針縫ってもらった。

縫合手術を受けたのは、生まれて初めてである。

抜糸まで1週間から10日かかるようだ。

縫った傷口にガーゼを当ててテープで止めてあるので、白い顎髭を蓄えているように見える。

 

顎は痛くはないが、肩甲骨と首の付け根が痛み出した。

顎を縫っていても走ることはできる。

しかし、ランニングを再開するのは、肩甲骨と首の痛みが引いてからだな。

 

 

ちなみに、この日のタイムは1時間20分00秒で、このコースの自己ベストであった。