〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

逃げなかった設楽悠太 ☆ あさもりのりひこ No.731

2019年9月15日(日)、マラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)を観た。

うちにはテレビがないので、スマートフォンで中継を観ていた。

2020年8月の本番のレースに出場できるのは、男子、女子とも3人ずつ。

MGCで1位と2位になったランナーは、来年の本番のレースに出場できる。

 

男子は午前8時50分スタート、女子は9時10分スタート。

男子のレースを観ながら、コマーシャルの間は女子のレースを観る。

男子は、設楽悠太が37㎞地点まで独走したが、その後、第2集団に抜かれた。

40㎞地点で、集団から、中村匠吾、服部勇馬、大迫傑が抜け出して、デッドヒートを繰り広げた。

中村が力強い走りで1位。

服部が大迫を逆転して2位。

大迫は力尽きて3位だった。

この結果、中村と服部が、来年の本番のレースの出場資格を得た。

 

設楽は30㎞くらいまで、1㎞3分前後で飛ばして、途中、後続集団に2分以上の差をつけたが、最終的には14位に終わった。

この設楽の走りについて「大逃げ」と書いた記事があった(日経だが)。

設楽は、逃げ切ろうとしたのだろうか?

 

男子フルマラソンの世界記録は、エウリド・キプチョゲ(ケニア)が2018年9月16日に出した2時間01分39秒である。

今年4月28日には、モジネット・ゲレメウ(エチオピア)が2時間02分37秒で走っている(これが世界第2位の記録)。

ちなみに、フルマラソンを2時間5分以内で走ったランナーは49人いるが、バーレーンの選手1人を除いて、すべてケニアかエチオピアの選手である。

 

2020年8月9日の本番のレースにキプチョゲやゲレメウが出場するのかどうかわからない(出場してほしいが)。

世界の精鋭(ケニアとエチオピアの精鋭と言ってもいい)が集まるレースがどれくらいのスピードで進むのか?

今回のMGCで優勝した中村は自己ベストより3分遅れのタイムだった。

そうすると、2時間3分前後で走る世界のトップランナーが、来年の真夏の本番のレースを自己ベストより3分遅いタイムで走ったとしたら、2時間6分前後がゴールタイムとなる。

MGCで設楽が走ったペースである。

 

MGCは9月15日、本番は8月9日。

MGCは、本番より「涼しい」のだ。

本番のレースで、トップランナーたちが、1㎞3分前後で走るとすると、より「涼しい」MGCで1㎞3分前後で走れないようでは勝負にならない。

 

MGCで、スタートしてしばらくしてから、設楽が後ろを振り返って、付いてくるランナーがいないことを確認する場面があった。

設楽は「それでいいのか?それでは本番で戦えないぞ」と言いたかったのではないか。

 

残念ながら、設楽は失速してペースを保つことができなかった。

しかし、設楽は、本番を見据えて、世界のトップランナーと競うことができる走りを見せたのだ。

設楽以外のランナーは「本番のレースに出ること」を目標にして走った。

それはそれでいい。

設楽は「本番のレースで勝つこと」を目標にして走ったのだ。

 

設楽悠太は逃げたのではない。

 

設楽悠太は挑んだのだ。