〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

大阪・淀川市民マラソン ☆ あさもりのりひこ No.756

2019年11月3日(日)、第23回大阪・淀川市民マラソンが開催された。

 

前日まで、のどがいがらっぽくて、鼻水が垂れる。

頭の芯がボーッとする。

腹部が張って、ガスばかり出る。

階段を上り下りすると、右の膝頭の上部が痛い。

食前に「葛根湯」、食後に「陀羅尼助丸」を飲み続けた。

 前日、明朝の体調によっては棄権(DNS)かもと思いながら眠った。

 

 翌朝、午前4時に起床すると、体調は回復していた。

 膝に違和感は残っているが、走れそうだ。

 地下鉄谷町線の守口駅で降りて、午前8時くらいに、淀川河川敷の会場に着く。

 ゼッケンは事前に郵送で受け取っているので、自宅でランニングシャツの前後に着けている。

 ゼッケンの上部には申告したニックネームが印刷してある。

 朝守は「のんのこ」である(捨て身やな)。

 参加賞のティーシャツとリュックを受け取る。

 この大会は2年ぶりだが、ティーシャツの図柄と色合いが美しい。

 アネロのリュックは使いやすそうだ。

 

 荷物を預けて、ウォーミングアップして、指定されたブロックに並んで待つ。

 空は曇っているが、寒くはない。

 走るのに、いい天候だ。

 

 午前9時スタート。

 ハーフマラソンには6000人以上が出走するので、号砲が鳴ってからスタートラインに達するのに5分くらいかかる。

 最初は団子状態で思うように走れない。

 1㎞を過ぎてから、自分のペースで走れるようになる。

 14㎞まで、1㎞6分30秒以内のペースで走る。

 14㎞を過ぎてから、1㎞6分30秒を超えるようになる。

 

17、8㎞くらいでフルマラソンのトップグループのランナーとすれ違った。

 4位だったと思うが、サングラスを掛けたて、青いシャツを着たランナーが走ってくる。

 今年バッドウォーター135を新記録で制覇した石川佳彦さんに似ている。

 すれ違うときにゼッケンを見ると「いしかわ」と書いてある。

 わお!ホンモノの石川佳彦さんである。

 

20㎞まで、1㎞6分50秒以内のペースで走る。

 20㎞付近で高橋尚子さんがハイタッチをしてランナーを励ましている。

 高橋尚子さんは「のんのこさん!がんばって!」と言ってくれた。

 

 最後の1㎞は1㎞6分07秒で、この日一番速かった。

 2時間15分04秒でゴールした。

 心拍数は140台後半で推移した。

 最後の2㎞は150台に上がった。

 

 15㎞を過ぎてペースダウンしたが、以前に比べて速度の落差が少なくなった。

 呼吸は苦しくないし、最後はペースアップできた。

 ビルドアップ走と階段・歩道橋駆け上がりの成果が出始めているように思う。

 

 

 このレースが50代最後のレースであった。