〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

師走

橿原市 弁護士

みなさん、こんにちは。

本日は事務局担当日です。

 

食欲の秋~♪とか言っているうちに

気がつけば12月ですね。

ということも毎年言っている気がします・・・。

 

子供と大人の体感時間は異なる、という言葉を聞かれたことはないでしょうか。

 

19世紀、フランスの哲学者によって発案された「ジャネーの法則」というそうです。

その法則によれば、「人間の体感時間はそれまで生きてきた年齢に反比例する」そうです。

 

つまり

 

「50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、

 5歳の人間にとっては5分の1に相当する。

 よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、

 5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。」(Wikipediaより)

20歳~80歳くらいは、0歳~20歳の体感時間と同じということになるそうです。

つまり、人は20歳になると体感的には人生の半分の時間を過ごしてしまったことになるそうです。

 

うへぇ・・・。

 

でも。

ジャネーの法則では、感受性が鈍くなって毎日が単調になることこが、この法則の根拠だということを述べています。

こどもの頃は、常に新しいことに出会っていますもんね。

 

この法則にあてはまるのかどうかよくわかりませんが、

私も、こどもが産まれたばかりの頃、

この眠れない24時間拘束生活は一体いつまで続くのか・・・と悩み

先輩ママから「そんなのあっという間に過ぎちゃうから、今を楽しんで♪」と言われても

当時は、しんどい日々が延々続く気がして。

 

ほんっっっとに寝てくれない子でしたので、

子どもが1歳半頃になるまで細切れ睡眠状態が続き、常に寝不足、

そしてワンオペ育児で疲れていました。

その日その日をやり過ごすのが精一杯で「今を楽しめるかい!!」と突っ込んでいましたが

今となってみれば、「今を楽しんで♪」です。

つまりは。

いくつになっても新しいことに挑戦していれば、体感的には若々しくいられる、ということですね(・∀・)

来年は体感時間が遅くなるようなことに出会いたいなと思うアラフォー(かろうじて)でした。