〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

無農薬・有機栽培のマスクメロン ☆ あさもりのりひこ No.912

2020年8月21日(金)、明日香ビオマルシェに「ベジリパ」が出店していた。

 「ベジリパ」のカウンターのど真ん中に『マスクメロン』が鎮座坐(ましま)している。

 明日香ビオマルシェは「無農薬」「有機栽培」が“売り”なので、果物は少ない。

 その明日香ビオマルシェに『マスクメロン』が登場したのである。

 『マスクメロン』に吸い寄せられた朝守は、「ベジリパ」の芳村さんに『これは売り物であろうか?』と尋ねた。

 芳村さんは、今日は売らない、来週売る、と言う。

 なぜならば、熟していないから。

 その『マスクメロン』は収穫したばかりで、1週間から10日熟成させると美味しくなるのだそうである。

 

 そして、1週間後の8月28日(金)、朝守は、明日香ビオマルシェの会場に着くなり、「ベジリパ」のブースに直行した。

 カウンターには『マスクメロン』が2個並んでおられる。

 でかい!

 でかメロンである。

 芳村さんが丹精込めて作った無農薬・有機栽培の『マスクメロン』を1個買った。

 2000円である。

 安い!!

 芳村さんから、収穫したところなので1週間から10日経ってから食べるように念を押された。

 『マスクメロン』の下部(お尻)を指で押すと凹むくらい柔らかくなって、プ~ンと甘い香りがしてきたら食べ頃だそうな。

 朝守は『マスクメロン』を押し頂いて持ち帰り、仏壇にお供えして、然るべき時を待つことにした。

 

 待つこと10日間。

 そして、9月7日(月)、時は来た。

 『マスクメロン』の下部(お尻)はまだ固い。

 甘い香りも余りしない。

 しかし、もう、我慢できない。

 ついに『マスクメロン』を切る。

 サクサクと包丁が気持ちよく入る。

 橙色の果肉が美しい。

 甘い香りが立ち上る。

 半分に切って、一つは冷蔵庫に保存する。

 残りをさらに半分の半分、つまり全体の8分の1に切る。

 皮を切り落として、果肉だけにする。

 三日月型の果肉を6~7つに切って、食する。

 美味しい。

 甘すぎないところがいい。

 甘すぎると、食べた後、喉がイガイガするのだ。

 月曜日と火曜日で平らげた。

 ごちそうさまでした。

 

 芳村さんは、来年は『マスクメロン』をたくさん作るそうである。

 

 1年後が楽しみである。