〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

Yosemite ☆ あさもりのりひこ No.927

ランニングシューズは消耗品である。

1年間に2~3足は新しいシューズを買う。

長い期間履いていると、靴底がすり減ってくる。

最初の頃は、シューズの両足の踵の外側がすり減っていた。

ランニングフォームを改善して、フォアフット走法が身につくと、踵がすり減ることはなくなった。

今は、シューズの右足の外側がすり減る。

シューズの左足の外側はすり減らない(ようになった)。

ランニングフォームが、右に傾いているのだ。

最初の頃に比べると、すり減る面積は減ったし、すり減るのに時間がかかるようにはなった。

しかし、シューズの右足の外側がすり減ることに変わりはない。

右足の外側がすり減って、靴底の内側が見えるようになると、新しいランニングシューズを買うことにしている。

 

ランニングシューズは、アシックスのライトレーサーを履いている。

別のメーカーの靴も試したが、ずっとライトレーサーだ。

サイズは28。

朝守は足の甲の横幅が広いので、ワイドタイプを買い求める。

踵は高くないもの、いわゆる薄底のものを履く。

ライトレーサーは、6か月も履くと、シューズの右足の外側がすり減って、買い換えることになる。

 

1週間に1回、トレッドミルで30分間走る。

このときは、アシックスのターサージールを履く。

薄底のターサージールだ。

ターサージールは買い換えたことがない。

かなり長い間履いている(3年か4年)。

トレッドミルはゴムの上を走るので、靴の右足の外側がすり減らないのだ。

 

新しいライトレーサーを買うと、まず、トレッドミルで数回使ってみる。

そうすると、新しい靴が足の形に馴染む。

それから、ロードで使うことにしている。

 

今は、黒いライトレーサーを履いているが、ぼちぼち右の外側がすり減ってきている。

新しい靴を求めて、9月22日(火)朝、奈良県橿原市葛本町147-3にある「Yosemite」に行く。

Yosemite」を訪れるのは2度目だと思う。

店舗の建物を増築して、品揃えが格段に増えている。

店員の女性(店主の奥様)にALTRAESCALANTEの最新バージョンを勧められる。

ALTRAは履いてみたかった。

踵が高くない、つまり踵が薄い。

足の甲の部分の横幅が広い。

ALTRAESCALANTEを買うことにする。

黒色と白色があったが、今使っているライトレーサーが黒色なので、白色を買う。

1万6500円なり。

安くない。

ついでに、ランニングパンツと靴下も買う。

ランニングパンツも靴下も「いいもの」だ。

Yosemite」には「いいもの」が揃っている。

 

さっそく、トレッドミルで走るときにALTRAESCALANTEを履いてみる。

足底の全面が包まれているような感覚がある。

いい感じだ。

あと何回かトレッドミルで走るときにALTRAESCALANTEを履いてみて、愈々つぎはロードである。