〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

奈良マラソン2021への道 その4 ☆ あさもりのりひこ No.985

3月12日(金)早朝、階段1608段、1時間10分49秒、8.8㎞。

1周すると、10か所に合計536段の階段がある行程を3周した。

 

3月13日(土)、雨で休足。

 

3月14日(日)、土曜日から左の脇腹と腰の真後ろの部分が怠い。

先週末からフォアフットで着地してから、踵を接地して、地面の反発力をしっかり受けとる走り方を心掛けたことが原因かもしれない。

身体が休めと言っているので、休足。

 

3月15日(月)、休足。

脇腹と腰の怠さはマシになった。

 

3月16日(火)、休足。

脇腹と腰の怠さは消えない。

今日は、胸の鳩尾あたりが張っている。

接骨院で「左の脇腹が怠いんです」と言ってティーシャツをまくり上げた。

柔道整復師のマスターが「なんやこれ!」と言った。

見ると、左の腹から腰にかけて赤く爛れている。

「なんやこれ!」と思った。

マスターが「ヘルペスやな」と言った。

帯状疱疹であった。

 

3月17日(水)、帯状疱疹のため、左脇腹、腰、鳩尾その他いろいろが怠くて、休足。

なら法律事務所の裏の医療ビルの内科で診察を受けた。

やはり帯状疱疹(ヘルペス)であった。

帯状疱疹を沈静する飲み薬と痛み止めと塗り薬を処方してもらった。

昼食後、さっそく飲み薬を飲む。

 

夜、UTMF中止が発表された。

予想されていたとは言え、2年連続の中止は無念である。

雪辱を期していた妻は、さっそくKOUBOUトレイルにエントリーした。

切り替えが早い。

 

3月18日(木)、帯状疱疹が出て3日目。

朝食後、飲み薬を2錠飲む。

夜、眠る前と、朝、出勤する前に、疱疹に軟膏を塗る。

疱疹は、ゴツゴツしていて、岩のようだ。

赤い爛れが腰の左半分に広がっている。

 

「帯」というより「腹巻き」のようだ。