〒634-0804

奈良県橿原市内膳町1-1-19

セレーノビル2階

なら法律事務所

 

近鉄 大和八木駅 から

徒歩

 

☎ 0744-20-2335

 

業務時間

【平日】9:00~19:00

土曜9:00~12:00

 

2021年

4月

16日

帯状疱疹 その3 ☆ あさもりのりひこ No.995

4月9日(金)帯状疱疹が出て25日目

塗り薬も飲み薬も終わって4日目。

夜、左横腹が怠くて、2回、目が覚める。

 

4月10日(土)帯状疱疹が出て26日目

塗り薬も飲み薬も終わって5日目。

夜、左横腹が怠くて、1回、目が覚める。

一番痛くて怠いときを100とすると、今は70くらいかな。

 

4月11日(日)帯状疱疹が出て27日目

塗り薬も飲み薬も終わって6日目。

左の太腿の前部と左の脇の背中側の痛みはマシになった。

左の横腹の怠さと鳩尾から腹の前面の痛みは変わらない。

 

4月12日(月)帯状疱疹が出て28日目

塗り薬も飲み薬も終わって7日目。

夜、左横腹が怠くて、2回、目が覚める。

帯状疱疹の症状として、空腹感がなくなる。

食欲はあるので、普段と変わらない量の食事を喰っている。

しかし、腹が減らないのだ。

腹が減らないので、間食することがない。

 

4月13日(火)帯状疱疹が出て29日目

塗り薬も飲み薬も終わって8日目。

夜、左横腹が怠くて、1回、目が覚める。

左の横腹の怠さも腹の表面の痛さも「日々」良くなる、ということがない。

1週間前の症状と比べると、幾分良くなっているように思う。

夜、接骨院で施療を受け、トレッドミルで歩く。

時速5キロ、5.5キロ、6キロで5分ずつ、合計15分歩いた。

 

4月14日(水)帯状疱疹が出て30日目

塗り薬も飲み薬も終わって9日目。

夜、左横腹が怠くて、1回、目が覚める。

 

4月15日(木)帯状疱疹が出て31日目

塗り薬も飲み薬も終わって10日目。

帯状疱疹が現れたのが3月16日だったので、1か月経った。

左の横腹のダルダルと腹の表面のチクチクは消えない。

 

 

2021年

4月

13日

お肌の曲がり角

みなさん、こんにちわ。

本日は事務局担当日です。

 

最近、帰宅すると頬がかさかさするなぁ・・・と思って

お風呂上がりやお化粧前に鬼のように保湿をしても、

結局帰宅するとかっさかさ、の状態が2週間ほど続いています。

色々調べてみると、季節の変わり目に加え、

もしかしたら不織布マスクのせいかもしれません(>_<)

 

不織布マスクをしているとマスク内の湿度が高いため、

お肌も加湿されている気になりますが、

マスクを外すと一気に水分が蒸発してお肌の水分も一緒に蒸発してしまうそうです

Σ(゚д゚lll)ひええええ

また、摩擦で肌バリア機能が低下→潤い蒸発→乾燥と、どう考えてもお肌によくない

( ;゚д゚)負の連鎖!

橿原市 弁護士
髪の毛きってん♪ビフォーアフターすごすぎるやろ♪

そこで、マスクの内側にガーゼを貼ってみたりしたのですが、

今度はガーゼが鼻にこすれてむずがゆい(笑)

通勤電車はなんとか我慢しましたが、電車をおりてすぐにはがしました。

 

うーーん、なんぞええもんはないかいな、とGoogle先生にお尋ねしてみたところ、

 

シルクって知ってる?」とお答えを頂きました(・∀・)

  ← 吉本興業の美容番長のこととちゃいますよ♪

 

シルクマスクは、

 

1 お肌や髪に近いアミノ酸を含む天然繊維のためお肌への刺激が少ない

2 程よく湿度を保つのでお肌が潤う

3 吸水性と速乾性に優れるので蒸れにくい

4 夏は冷たく、冬は暖かく通年を通して使える

 

などなど、曲がり角のお肌にはすっごいよさそうな感じです。

 

ただ、ウイルス対策には不織布マスクにはかなわないよねー。

シルク1枚ものマスクのうえに不織布マスクの2枚重ねにするかなぁ、

でも1枚でも耳が痛いのに2枚は耳ちぎれまっせ

Google先生とお話をしていると

 

内側シルク、不織布フィルター、抗ウイルスフィルター、外側コットンという

なかなかよさげなマスクを発見しました♪

けど、マスク1枚にしては2500円強とお値段もなかなか・・・。

しかし曲がり角のお肌、背に腹は代えられぬ。ぬ・・・。くぅ。

 

ぽちっ。

 

届いたらまた使用感をお知らせしたいと思います(・∀・)

2021年

4月

09日

内田樹さんの「後手に回る政治」 ☆ あさもりのりひこ No.994

適切な感染症対策をてきぱきと講じて、感染拡大を未然に防ぎ、権力者に阿諛追従する官僚ではなく、諫言することをいとわない有能な官僚を重用していれば、「こんなこと」は起きていなかった。

 

 

2021年4月3日の内田樹さんの論考「後手に回る政治」をご紹介する。

どおぞ。

 

 

菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社東北新社から接待を受けていた総務省官僚たちが処分されたのに続いて、山田真貴子内閣広報官が辞職した。山田氏の場合、当初「会食の記憶はない」と答弁していたが、総務省が会食の事実を明らかにすると一転して謝罪。しかし、その後も会合の詳細を明らかにせず、給与の一部返納での幕引きを図り、菅首相も続投の考えを示したが、それがまた一転して辞職に追い込まれた。

「一転して」ということが菅政権では頻発している。最初は強気で乗り切るつもりでいたものが、世論の批判が収まらずに、ずるずると押し切られて前言撤回というのは、Go To キャンペーン、懲役・刑事罰を盛り込んだ特措法案、今回の山田氏の人事と連続している。

政権基盤が脆弱であるせいだという説明記事を見るが、それは因果関係が逆のような気がする。むしろ菅政権が本質的に「後手に回る」体質なので、政権基盤が削り取られているのではないか。

 人間は運がいいときには「先手を取り」、運が悪くなると「後手に回る」というものではない。「後手に回る」人間は必ず後手に回る。それは一つの器質なのである。というのは、まず「問い」があり、次にそれに対して適切な「答え」をするという先後の枠組みでものごとをとらえる習慣そのものが「後手に回る」ことだからである。

 私たちは子どもの頃から「後手に回る」訓練をずっとされ続けている。「教師の出した問いに正解する」という学校教育の基本スキームそのものが実は「後手に回る」ことを制度的に子どもたちに強いているものだからである。教師の出す問いに正解すれば報酬があり、誤答すると処罰されるという形式で状況に処することに慣れ切った子どもたちは、そのようにして「構造的に後手に回る人間」へ自己形成する。それは会社に入った後も変わらない。仕事というのは、すべて上司から「課題」や「タスク」を出された後に、それに適切な「回答」をなすという形式でなされ、上司によってその成否を査定されるものだと信じているサラリーマンたちは全員が「後手に回る」人である。

 なぜ日本社会ではこれほど念入りに「後手に回る」訓練を国民に強いるのか? 難しい話ではない。権力者に頤使されることに心理的抵抗を感じない人材を育成するためである。「問いと答え」というスキームにすっぽり収まって生きていると、「問いを出す上位者」と「答えを求められる下位者」の間で非対称的な権力関係が日々再生産されているということに気づかない。でも、そうなのである。

 記者会見で、記者からの質問に答えず、自分の方から(記者が絶対に答えを知らないようなトリヴィアルな)質問を向けて、記者を追い詰めることを得意としている政治家がいた(いまもいる)。彼らは直感的に「質問をする者が先手を取り、正解を考える立場に追いやられた者が後手に回る」ということ、そして、いったん後手に回ったものには勝ち目がないことを知っているのである。

 たしかに相手をやり込めるにはうまいやり方だが、そんな姑息な技術に熟達しても一国のリーダーにはなれない。リーダーに求められているのは記者や野党議員を相手にマウントをとってみせることではない。状況の「先手を取る」ことである。

 

 適切な感染症対策をてきぱきと講じて、感染拡大を未然に防ぎ、権力者に阿諛追従する官僚ではなく、諫言することをいとわない有能な官僚を重用していれば、「こんなこと」は起きていなかった。「起きなくてもいい問題」は起こさない。それが統治者において「先手を取る」ということである。そのことに気づかない限り、首相は最後まで「後手に回り」続ける他ないだろう。

2021年

4月

08日

帯状疱疹 その2 ☆ あさもりのりひこ No.993

3月26日(金)、帯状疱疹が出て11日目。

朝の出勤前と夜寝る前にビダラビン軟膏を塗る。

ぬりぬり。

夕食後寝る前にリリカカプセル75㎎を1錠飲む。

リリカ錠を飲んで4日目。

「リリカ嬢」だと女の子のようだ。

胸の前(鳩尾(みぞおち))、左の脇、左の太腿の痛みは変わらない。

 

3月27日(土)、帯状疱疹が出て12日目。

朝と晩に疱疹(の痕)にビダラビン軟膏を塗る。

リリカ錠を飲んで4回飲んだが痛みは変わらない。

夜、リリカカプセル75㎎を1錠飲む(5回目)。

 

3月28日(日)、帯状疱疹が出て13日目。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(6回目)。

痛みは変わらない。

 

3月29日(月)、帯状疱疹が出て14日目。

夜、寝ているときに、左脇腹が怠くて痛くて、2回、目が覚めた。

痛みは変わらず。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(7回目)。

 

3月30日(火)、帯状疱疹が出て15日目。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(8回目)。

症状は変わらない。

接骨院で施療してもらう。

施療した直後は痛みがマシになる。

 

3月31日(水)、帯状疱疹が出て16日目。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(9回目)。

 

4月1日(木)、帯状疱疹が出て17日目。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(10回目)。

左の脇腹が怠い。

夜、接骨院で電気針などの施術をしてもらう。

 

4月2日(金)、帯状疱疹が出て18日目

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(11回目)。

左の脇腹が怠い。

鳩尾と腹、左脇から肩甲骨、左太腿がピリピリと痛い。

痛みは、最盛期が100としたら、今日は90くらい。

 

4月3日(土)帯状疱疹が出て19日目

左の脇腹が怠くて、夜、目が覚める。

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(12回目)。

 

4月4日(日)帯状疱疹が出て20日目

朝晩、軟膏を塗り、夜、リリカ錠を飲む(13回目)。

左の脇腹の怠さ、鳩尾と腹、左脇から肩甲骨、左太腿の痛みは変わらず。

 

4月5日(月)帯状疱疹が出て21日目

朝、軟膏を塗るのを忘れた。

夜、軟膏を塗り、リリカ錠を飲む(14回目)。

リリカ錠はこれで飲みきった。

帯状疱疹が出て3週間経つが、怠さも痛みも変わらない。

しぶといな。

 

4月6日(火)帯状疱疹が出て22日目

塗り薬も飲み薬も終わって、自己回復を待つ。

夜、接骨院で施術してもらう。

 

4月7日(水)帯状疱疹が出て23日目

塗り薬も飲み薬も終わって2日目。

左の横腹は怠く、腹の表面は痛い。

 

4月8日(木)帯状疱疹が出て24日目

塗り薬も飲み薬も終わって3日目。

左横腹の怠さは少しマシになったように思う。

 

 

2021年

4月

07日

内田樹さんの「日本のイデオクラシー」 ☆ あさもりのりひこ No.992

記憶がしばしば欠損する、論理的にものが考えられない、事前に告知された質問にしか回答できない、不都合な質問についてはつねに回答を差し控える・・・といった知的無能は今では公人である上での特段の支障とは見なされていない。

 

 

2021年4月3日の内田樹さんの論考「日本のイデオクラシー」をご紹介する。

どおぞ。

 

 

ローマ時代の法諺に「事実の無知は弁疏となるが、法の無知は弁疏とならず」というものがある。ある事実を知らなかったというのは罪を逃れる言い訳になるが、その行為を罰する法律があることを知らずにその行為をなしたものは罪を逃れることができないという意味である。

 国会での大臣や役人たちの答弁を聴いていると、彼らがこの法諺を熟知していることわかる。国民に疑念を抱かせるような行為について「あった」と言えば責任を取らなければならない。「なかった」と言えば、後から「あった」という事実が判明すると虚偽答弁になる。そこで、窮余の一策として彼らが採択したのが「国民に疑念を抱かせるような行為があったかなかったかについての記憶がない」という「事実の無知」による弁疏であった。事実の無知については、これを処罰することができないから、これは遁辞としては有効である。

 けれども、政治家や官僚がかかる弁疏を繰り返した場合には「重大な事実について頻繁に記憶が欠如するような人間が果たして国政の要路にあってよろしいのか」という懸念が生じることは避けがたい。

 その懸念をどうやって解消するか? 

 この懸念を退けるロジックは一つしかない。それは「知的に不調であることは政治家や官僚の職務遂行上の欠格条件ではない」というルールを政府が公認することである。

 いや、改めて公認するまでもなく、わが国はだいぶ前からこの新ルールを採用していた。記憶がしばしば欠損する、論理的にものが考えられない、事前に告知された質問にしか回答できない、不都合な質問についてはつねに回答を差し控える・・・といった知的無能は今では公人である上での特段の支障とは見なされていない。それどころか、おのれの立場を危うくしかねない質問には一切回答しないで正面突破するというふるまいそのものが「権力」及び「権力に対する忠誠心」の記号として高く評価されさえする。

 知的無能が指導者の資質として肯定的に評価されるような統治システムのことを「イディオクラシー」と呼ぶ。「愚者支配」である。デモクラシーが過激化したときに出現する変異種である。

 フランスの青年貴族トクヴィルは二百年前にアンドリュー・ジャクソン米大統領に面会した後、その印象をこう記している。「ジャクソン将軍は米国人が彼らの大統領に二度選んだ人物だが、性格は粗暴、能力は凡庸、その全経歴を閲しても、自由な人民を統治するために必須の資質を有していることを証明するものは何もない。」(『米国における民主制』)

 ではなぜ人民は彼を統治者に選んだのか? それは支配される人民と知性・徳性において同程度である支配者の方が「害が少ない」と考えたからである。凡庸な統治者は人民と対立してまで貫き通したい政治的信念を持っていないし、貫く実力もない。

「もし統治者と民衆の利害が異なった場合、統治者が有徳であることは無意味であり、有能であることはむしろ有害になるであろう。」そうトクヴィルは論じた。なるほど一つの見識である。たしかに19世紀はじめの米国では、凡庸な統治者といえども、民衆の利害が何であるかを理解する程度の知性は備えていたからである。

 

 その意味では、今の日本はもうデモクラシーとは呼べない状態になっているのではないか。統治者の無能と無知のレベルが限界を超えて、統治者自身、もはや民衆の利害が何であるかがわからなくなっているからである。しかたがないので、とりあえず自分と縁故者の利害だけを専一的に図るだけで日々を過ごすようになった。「イディオクラシー」とはそのことである。

2021年

4月

06日

吉野の千本桜@事務局より

皆さんこんにちは。今日は事務局担当日です。

 

私の祖母は,若い頃,奈良に住んでいた知人に,

「桜🌸を見るなら奈良においで」と誘われたそうですが,結局いまだ行けずじまい。

 

一度は吉野に行ってみたいと話すのですが,祖母は御年98歳👵

 

連れて行ってあげたい気持ちもあるのですが,

コロナの流行に加え,足の筋力が落ちて杖があっても長時間歩くことは難しく。

 

私や家族も行ったことがないので,車椅子に乗せて連れて行けるような

場所なのかもよく分からず・・・。

 

祖母と話しながら何気なくテレビを見ていたところ,

『情熱大陸』で吉野山の桜の世話をする3人の桜守の特集が流れていました。

 

番組の途中からしか見られなかったのですが,

桜を見に来る人に綺麗な景色を見せたい,雑草がないほうが綺麗に見えるから,と

ほぼ垂直に近いような斜面をスパイク付きの足袋で登りながら,

たった3人で何時間も草刈りをしている姿に・・・正直驚きました。

 

桜が満開の時期は約1週間なのに,彼らは約1年かけて地道な作業を積み重ね,

あの風景を守り続けています。

 

番組の最後に,3日前に撮影した吉野山一面に咲いている桜の映像が流れていて,

私も祖母もほぼ無言で画面に見入ってしまいました。

 

画面越しでも十分見応えがありましたが,直で見ると凄く綺麗なんだろうなぁ・・・。

 

最近は,ヘリコプターで吉野山上空を周遊するプランもあるようですが・・・

私も祖母も高い所は苦手なんですよね😓

(幼い頃に家族で黒部ダムに行った時,2人とも足がすくんで動けなくなり

固まった思い出が💧)

 

来年見に行けるといいのですが,それよりもまずは,

コロナが落ち着いて気兼ねなく出歩けるようになってほしいですね(^_^;)

2021年

4月

01日

3月の放射線量、体組成、ランニング ☆ あさもりのりひこ No.991

3月の放射線量、体組成、ランニングについて書く。

 

まず、奈良県橿原市の環境放射線量(ガンマ線)から。

2021年3月の平均値はつぎのとおり。

室内1メートル 0.043μ㏜/h

室内0メートル 0.045μ㏜/h

室外1メートル 0.058μ㏜/h

室外0メートル 0.071μ㏜/h

4つの数値はあまり変わらない。

地表が0.07μ㏜/hを超えるのが常態になった。

 

つぎに、朝守の身体について。

3月27日の数値はつぎのとおり。

体重 70.5㎏

BMI 22.

体脂肪率 16.2%

筋肉量 56.05㎏

推定骨量 3.1㎏

内臓脂肪 11.

基礎代謝量 1613/

体内年齢 46才

体水分率 57.8%

帯状疱疹のために運動できないが、体重は増えないな。

体脂肪率も変わりない。

 

最後に、3月のランニングのデータ。

走行時間 4時間34分39秒

走行距離 40.8㎞

帯状疱疹のために、3月13日以降走れなかった。

 

4月は、復活して、一から身体を作り直すぞ。

2021年

3月

30日

桜が満開です!

本日、3月29日は事務局が担当です。

昨日休み明けで建物を出ると、目の前に桜が満開でした!

 

出勤途中の桜の木がある所が、殆どと言って良いほど、桜の花が満開でした。

満開の桜
満開の桜

昨日は、黄砂の影響もあり曇り気味でしたが、今日は、陽射しも有り、少し良い天気で、陽の光を受けると花はより鮮やかに見えます。

大阪からの車窓には、桜や菜の花等の咲き誇った花を観ながら出勤できました。

特に大和高田駅手前の高田川の堤防、大和八木駅手前の飛鳥川の堤防の桜は特に目を引きます。

車窓からの桜と菜の花
車窓からの桜と菜の花
高田川の桜
高田川の桜

近鉄八木駅前にあるナビプラザでは、花壇がリニューアルし、シバザクラは観れなくなりましたが、ベゴニアの花が植えられ、これから咲くぞと構えている様です。

なら法律事務所の在るセレーノビルの1階の周囲も 色々な種類の花が競うように咲き誇っています。

コロナ禍で第3波が収まったと思えば、また第4波が来たと聞き、日々重苦しさを感じ、また花見などができませんが、これらの花を観ているだけで、前へ向かおう!目の前の難を乗り越えようと思える力をもらえる様です。

自然の中では、芽が出て、花が咲き、実を結び、その繰り返しで植物が成長していくように、春は花が咲き次のステップへ進む時期です。

皆さんも満開の花を観て、力を得て次のステップへ向かって下さい!

2021年

3月

29日

内田樹さんの「2021年の予言(前編の後編)」 ☆ あさもりのりひこ No.990

ものごとにはダークサイドもあればサニーサイドもあります。せっかくだからサニーサイドを探し出すようにしましょう。

 

 

2021年3月25日の内田樹さんの論考「2021年の予言(前編の後編)」をご紹介する。

どおぞ。

 

 

 良い予測をします。その1は、学校教育でオンラインと対面がハイブリッドで併用されるようになるという予測です。朝起きて、「あ、寝坊して学校に間に合わないや」という時とか、なんか熱っぽくて学校に行く気力はないけれど、授業を聴くくらいはできるという場合には、ベッドに寝たままで携帯やiPadで聴講する。先生も朝起きて寝不足でつらいとか風邪気味とかいうときは「今日は体調が悪いのでうちからやらせてもらいます」とパジャマの上から掻い巻き羽織って授業をやる。そういうことができるようになったら授業がずいぶんカジュアルになって、教える方も教わる方もすごく楽になると思いますよ。

 凱風館の「寺子屋ゼミ」でも今季は対面とオンラインのハイブリッドです。聴講生はZOOM参加のほうが圧倒的に多い。凱風館まで来て受講するのはもう10人以下になりました。30人ぐらいは自宅からの聴講です。遠隔地の人もいるし、家で晩ご飯つくりながらとか、アイロンかけながらとか、「ながら」聴講の人もいる。体の弱い人、感染が怖い人、うちから出られない人でも、オンラインなら聴講できるし、発言できるし、ゼミ発表もできる。ゼミに参加するハードルがオンラインで一気に下がった。これは端的によいことだったと思います。海外の人も聴講できます。

 いままでは「海外に向けて学術情報を発信する」というとほぼ自動的に英語で発信というふうに考えられていましたが、京都精華大学の学長のウスビ・サコ先生に「そんなの日本語でやればいいじゃないの」と言われて、はっとしました。そうなんです。日本語でやればいいんです。日本語で大学レベルの授業が聞きたいという日本語話者・日本語学習者が世界中にいるんですから。

 マンガとかアニメとか音楽とか、日本の文化に興味を持ち、それがきっかけで日本語を習い出したという人は世界中にいます。でも、彼らには日本まで留学するだけの資金も時間的余裕もない。あるいは海外に長期留学や駐在していて、日本語で発信される質の高い学術的コンテンツに飢えている日本人もいる。そういう人たちのために、海外からでも簡単に受講できるシステムを設計すればずいぶんたくさん聴講生が集まると思うんです。そうやって日本の学術情報を世界に向けて発信することができたら、それこそ本当の意味での「グローバル化」ということだと思います。

 そうなると日本の言論の質も変わるかも知れません。いま韓国や中国のことをあしざまに罵る論客は日本にたくさんいますけれど、彼らは自分の書いていることは日本人だけしか読まないという前提で書いている。だから、あれだけ適当なことを断言できる。でも、「あなたの発言はすぐに自動翻訳されて、英語や中国語やハングルの字幕付きで同時配信されますけれどそれでもいいですね。話した内容について先方から名誉毀損で訴えられても知りませんよ」と念押しされたらどうするでしょうか。たぶん彼らの多くは「国内限定」の道を選ぶでしょう。自分の言説に国際共通性がないことを本人が知っているからです。

 言説の国際性というのは単に外国語で発信するということではありません。日本語で構わないんです。ただし、その代わりに世界中のどの言語圏の人が聴いても、理解できて得心してくれるように、きちんと論拠を示し、適切に推論し、情理を尽くして語らなければならない。それが国際共通性のある言説の条件です。そういう条件を課した場合、いま日本のメディアで発言している人の相当数は「国際共通性なし」と判定されることになるんじゃないかと思います。

 世界に向けて発信できる環境が整ったおかげでこれからは国際共通性のある知見を語る人とそうでない人の違いがはっきりと可視化される。それは日本国内の言論の質を向上させる上ではよいことだと思います。

 よく外国の事例をさも知ったような顔で紹介する「出羽守」というタイプの知識人がいますね。あの人たちもグローバル化によって淘汰されることになるでしょう。彼らもまた自分の言葉が論じられている当人には届かないことを前提で語っているからです。「中国人というのは、あれはね・・・」と断定的に言うけれど、それは中国人が読む可能性を勘定に入れていないからできることです。だから、私見をさも一般論のようにことごとしく語れる。そういうことができなくなる。

 この1年間で、日本人のコンピューター・リテラシーはずいぶん向上したと思います。1年前には考えられなかったくらいに自在にネットを利用して仕事をしている。

 僕だって、オンラインで授業して、会議して、対談して、インタビュー受けて、飲み会して・・・ということをしている。オンラインがデフォルトになったので、「みんなが集れる時間と場所」を調整する手間が省けました。時間だけ決めておけば、メンバーがどこにいても短時間だけミーティングして、情報共有して、決めることを決めて、即解散というやり方が可能になった。

 コロナのせいで、友だちと顔を合わせて、わいわい飲んで騒ぐという楽しみ方はできなくなりましたけれど、ものごとにはダークサイドもあればサニーサイドもあります。せっかくだからサニーサイドを探し出すようにしましょう。

 

 もうひとつ、よいニュースを予言しておきたいのですが、それについては次号で。

2021年

3月

26日

内田樹さんの「2021年の予言(前編の前編)」 ☆ あさもりのりひこ No.989

「先進国最下位」が日本の定位置だということにもうみんな慣れてきてしまったからです。政治家も官僚も先進国最低レベルだということにもう慣れてしまった。

 

 

2021年3月25日の内田樹さんの論考「2021年の予言(前編の前編)」をご紹介する。

どおぞ。

 

 

GQ』の先月号に2021年について予測を書いた。その前編。

 

 こういう時は「いいニュースと悪いニュースがあるけれど、どちらから聞きたい?」というのがハリウッド映画の定番ですよね。とりあえす悪い方の予言から。

 その1。東京五輪は開催されません。これはもうみんな思っているから「予言」にはなりませんけどね。日本国内でもコロナの感染者は増え続けていますけれど、アメリカは感染者数が2500万人、死者数も40万人を超えました。選手選考もできない状況です。考えてみてください、アメリカの選手団が来ない東京五輪を。そんなものをNBCが放映するわけがない。アメリカがモスクワ五輪をボイコットした時もNBCは放映しませんでした。支払い済みの放映権料は保険でカバーできたから、今度もそうなると思います。

 五輪中止はもう組織委内部では既決事項だと思います。でも、誰も自分からは言い出せない。言った人間が袋叩きにされることが分かっているから。だから、IOCかあるいはWHOから開催中止要請があったら、それを受けて「外圧に屈してやむを得ず」と唇を噛んで中止を発表する。外圧の「被害者」という設定だから、五輪関係者は誰も責任を取らないで済む。メディアも一緒になって悔し涙にかきくれてみせる。一億総切歯扼腕というわけです。「捲土重来。もう一度東京で五輪を!」キャンペーンの企画書は電通がもう書き上げていると思います。これが予言の第一。

 悪い予測その二は天変地異。感染症専門医の岩田健太郎さんと対談したとき、コロナ禍でいちばん怖いのはなんですか? と聞いたら自然災害と重なることだということでした。台風とか地震とか火山の噴火とか天変地異があると被災者は避難所に集められます。狭い空間に大人数が詰め込まれる。衛生状態も悪いし、栄養も足りないし、ストレスもたまる。クラスター発生の条件が揃ってしまう。だから、いちばん怖いのは自然災害だということでした。

 自然災害はいつ起きるか予測不能です。僕が怖いのは富士山の噴火です。富士山、年末に冠雪してなかったでしょう? 山頂の地肌が出ていた。地熱が高くて雪が溶けているんだそうです。マグマが溜まっているらしい。

 コロナが終息しない段階で大きな自然災害が起こるというのが「最悪のシナリオ」ですけれども、いまの日本政府はそれに備えてリスクヘッジをしているでしょうか? 僕は何もしていないと思いますね。

 小松左京のSF小説『日本沈没』がいま読まれているそうですけれど、あの小説の読みどころは日本が沈没するというところじゃなくて、日本が沈没した場合にどうやって日本国民を救い、政体としての継続性を保つかの工夫に官民一体となって知恵を絞るところだったと思います。日本人にはそれができるだけの知力があるということが物語の前提になっていた。いま『日本沈没2021年』を出しても誰も読みませんよ。だって、政治家も役人も学者もみんながどうしていいかわからずにおろおろしているうちになすところなく日本は沈みましたという終わり方しかあり得ないんですから。金持ちと権力者だけは飛行機に乗って逃げ出しましたが、残りの金のない日本人はみな溺死しました、おしまい。そんなつまらない話、誰も読まないですよ。

 もう先進国ではコロナワクチンの接種が始まっていますけれど、日本はいつになるかわからない。年内にはなんとかなりそう・・・というようなニュースを見ても、もう誰も驚かないし、誰も怒らない。「先進国最下位」が日本の定位置だということにもうみんな慣れてきてしまったからです。政治家も官僚も先進国最低レベルだということにもう慣れてしまった。

 最近の若い人たちは自己肯定感が低いとよく言われますけれど、実は日本人全部がそうなんです。自己評価が信じられないくらいに下がっている。だから怒らない。怒れない。

 不出来な内閣がたった8年続いただけでこれだけ国民の自己評価は下がった。ものを創り出すのはたいへんですけれど、壊すのは簡単なんです。日本の国力がV字回復することは当分ないでしょう。というのが悪い予言のその三です。

 

  

2021年

3月

25日

帯状疱疹 ☆ あさもりのりひこ No.988

3月19日(金)帯状疱疹が出て4日目。

朝食後、アメナリーフ(アメナメビル)錠100㎎を2錠飲む。

出勤前と就寝前にビダラビン軟膏3%を患部に塗る。

昨日までは、赤い山脈のように爛れが連なっていたのが、今日は、疱疹が群島のように散らばっている(ただし、ビッシリと)。

脇腹と腰の怠さはマシになった。

しかし、胸の鳩尾の張りは相変わらずだし、からだの彼方此方が痛い。

軽い頭痛も残っている。

なによりも、倦怠感が抜けないので、細かい動作が面倒である。

 

3月20日(土・祝)帯状疱疹が出て5日目。

アメナリーフ(アメナメビル)錠200㎎を飲んで、朝晩、ビダラビン軟膏3%を患部に塗って、4日目。

赤い爛れが減って、皮膚が見えてきた。

 

3月21日(日)帯状疱疹が出て6日目。

アメナリーフ(アメナメビル)錠を飲んで、ビダラビン軟膏を塗って、5日目。

アメナリーフ(アメナメビル)錠は飲み終わった。

脇腹と腰の怠さはほぼなくなった。

しかし、胸の鳩尾の張りが痛い。

両脚の太腿の前面が張っている。

 

3月22日(月)帯状疱疹が出て7日目。

ビダラビン軟膏を塗って、6日目。

アメナリーフ(アメナメビル)錠は、もうない。

疱疹は乾いてきている。

鳩尾が痛い。

まるで、青春だな。

「ちくしょう、胸がいたい」(ヒロキ@さびしんぼう)

 

3月23日(火)帯状疱疹が出て8日目。

朝晩、ビダラビン軟膏を塗る。

疱疹は枯れてきた。

相変わらず、鳩尾と左太腿が痛い。

辻本内科で診察を受ける。

帯状疱疹は治ったようだ。

ただ、ヘルペスで傷んだ神経が痛むのだろう、ということ。

リリカカプセル75㎎を14日分処方される。

1日1回、夕食後に1錠飲む。

神経性の痛みを和らげる薬だそうだ。

 

 

3月24日(水)帯状疱疹が出て9日目。

朝晩、ビダラビン軟膏を塗る。

夕食後にリリカカプセル75㎎を1錠飲む。

胸と左脇と左太腿が痛い。

 

3月25日(木)帯状疱疹が出て10日目。

朝晩、ビダラビン軟膏を塗る。

夕食後にリリカカプセル75㎎を1錠飲む。

胸と左脇と左太腿が痛いのは変わらない。

 

神経痛である。

2021年

3月

23日

初めの一歩

橿原市 弁護士

みなさん、こんにちわ。

本日は事務局担当日です。

 

お水取りが終わったら暖かくなる、と奈良では言いますが、

急に暖かくなりすぎて自律神経が乱れてるな、と思う今日この頃。

自律神経が乱れる → 免疫力低下 となるので

食べて寝て(←え)体調維持に努めたいと思います。

橿原市 弁護士
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいだって暇やってん

私の今年の目標は

テニス再開

そのための抱負は

体力作り

 

ということで。

 

抱負をすっ飛ばしてテニススクールに入っちゃいました(≧▽≦)

だって体力つけるとか言ってたら

そのうちそのうちでいつになるかわかんなかったんだもん♪

えいやっと思い立ったその日に体験クラスを申込。

 

参加をしてみたところ、昔取ったなんとやら、で

なんとなく60分プレーでき(といっても初級クラス)

クラス終盤にはカンも取り戻すことができ

「うっは~!やっぱりめっっちゃ楽しい!!」

ということで、体験後入会即決特典につられ、

そのまま入会しました♪

 

で。帰宅後。

やはり寄る年波には勝てず。筋肉痛は思ったよりなかったのですが、

右膝が悲鳴をあげました(;´Д⊂)

わんこガードのフェンス(30㎝)が超えられない

階段がのぼれない・降りられない

なんなら一歩も歩けない・・・。

 

湿布とGoogle先生にお尋ねした応急テーピングで

一晩でなんとなく回復したのですが、

行きつけ鍼灸院の先生には

「ずっと運動してへんねんから、体をつくってから運動せな!」と大笑いされました(..;)

元々右足は土踏まずのアーチが崩れていて、外反母趾気味なのですが、

そこから膝にきたようです。

 

 

先生いわく、

「最初はええねん。1ヶ月後、ガタがくるからね。しっかりストレッチするように!」とのこと。

 

そろそろ1ヶ月・・・。やばし。

2021年

3月

22日

内田樹さんの「『若者よマルクスを読もう2』中国語版への序文」(後編) ☆ あさもりのりひこ No.987

転向したマルクス主義者たちは、そのあと深刻な葛藤を経ずに、あるいは天皇主義者になり、あるいは仏教に帰依し、あるいは日本古典や古代史の研究に沈潜し、そして、その多くは日本のアジア諸国への帝国主義的侵略の(控えめな、あるいは積極的な)支持者になりました。

 

 

2021年3月15日の内田樹さんの論考「『若者よマルクスを読もう2』中国語版への序文」(後編)をご紹介する。

どおぞ。

 

 

 マルクス主義は欧米諸国の未来を予測するための必須の情報として日本人に受容されました。欧米諸国でこれから先にもし劇的な政治経済システムの変動があるとすれば、それを領導する思想はマルクス主義以外にはないだろうという見通しとともにマルクス主義は受容されたのです。

 このような歴史的条件を踏まえるならば、どうして、日本におけるマルクス受容が「実践」よりもむしろ「学習」に軸足を置いて進められたのか、その理由が理解できるはずです。欧米と違うのは、研究の深度や広がりの違いではありません。マルクス読解が実践のためだったのか、学習のためだったのか、その違いです。

 欧米では、労働者であれ、知識人であれ、マルクスを「知的義務」として読むという人はまず存在しないと思います。労働者がマルクスを手に取るとき、それは何よりもまず自分自身の現実を記述し、説明してくれるものとして、です。そこに自分がなすべき行動の指針を求めて読む。そういうすぐれて実践的な読み方をする。そこに「自分のこと」が書いてあると思う労働者がマルクスを読む。そこには「自分のこと」が書かれていないと思う人は、サン=シモンでも、クロポトキンでも、バクーニンでも、マルクス以外の人の書物を読む。労働者たちはそこに「自分のこと」が書かれている本を手に取る。「自分のこと」が書かれていない本は手に取らない。簡単な話です。別に道徳的義務としてマルクスを読まねばならないとか、知的通過儀礼としてマルクスを読まねばならないというような心理的圧力は欧米には存在しなかった。マルクスを手に取った労働者は、その時点ですでに先駆的にマルクス主義者であり、マルクス主義者としてマルクスを読んだ。それは山上の垂訓に耳を傾けていたユダヤ人たちは、その時点ですでに先駆的にキリスト教徒であり、キリスト教徒としてイエスの話を聴いていたというのと同じ構造です。

 逆に、資本家やブルジョワにとってマルクスは蛇蝎の如く忌まわしいものです。彼らの頭上に「鉄槌」が下ることの歴史的必然性が述べられているわけですから、手に取るどころか、できればその名前さえ口にしたくはない。ブルジョワ知識人の書架にマルクスの書物が並んでいたら、それはきわめてシニカルなふるまいであり、紳士に許されざる「マナー違反」と見なされたはずです。

 つまり、自分の人生と直接関係はないけれども、一体どんなことが書いてあるのか、純粋に知的興味に惹かれてマルクスを読むという人は、欧米諸国にはほとんどいなかったということです。仮にいても、例外的な少数にとどまっていたと思います。欧米の19世紀、20世紀の小説の中で、おのれの階級性とまったく無関係に、純粋に知的関心からマルクスであれクロポトキンであれ、革命家の書物を読んでいるという登場人物を僕自身は、管見の及ぶ限り、読んだ記憶がありません。

 日本におけるマルクス受容はそこが違います。日本では、マルクスを手に取るに先立って、自分は先駆的にマルクス主義者であるのか、先駆的に反マルクス主義者であるのか、立場を決する必要がありません。それは階級闘争が、日本ではとりあえず「他人ごと」だったからです。

『共産党宣言』は「ヨーロッパには幽霊が出る―共産主義という幽霊が」という有名な一句から始まります。幽霊が出るのはヨーロッパであって、日本列島ではありません。だから、マルクスを「自分ごと」として読むという切迫感は読者にはなかった。

 それゆえ明治大正昭和を通じて、知的な若者たちは聖書を読み、ミルやスペンサーやベンサムやロックやルソーを読み、同じ文脈で、つまり欧米諸国はこれからどうなるのかという地政学的関心に基づいて、マルクスやクロポトキンを読んだ。欧米諸国の深層にひそむ「定数」を見出し、その「軌道」の上に展開するはずの次の行動を予測するために。それは第一義的には、日本における革命理論であるより先に、日本が生き延びるための情報だったのです。

 ですから、戦前の日本の場合、青年期にはマルクスボーイであったけれども、そのあと資本家になったり、リベラリストになったり、仏教徒になったり、天皇主義者になったり・・・というふうに多彩な履歴にばらけてゆくということが当然のようにありました。

 1925年から45年までの間施行された治安維持法下で、多くのマルクス主義者が逮捕され、獄中で「転向」をしました。「転向」というのは拷問の苦痛に耐えかねて政治的信念を棄てるというパセティックな決断のことではありません。そうではなくて、マルクス主義の理論的な正否はさておき、この政治理論は日本社会にはうまく適用できないと認める静観的で知的な態度のことです。「転向」者に求められたのは、マルクス主義は所詮「他人ごと」であるとカミングアウトすることでした。ですから、政治的に誠実な活動家にとっても、転向は決してそれほど心理的には困難な事業ではなかった。

 転向したマルクス主義者たちは、そのあと深刻な葛藤を経ずに、あるいは天皇主義者になり、あるいは仏教に帰依し、あるいは日本古典や古代史の研究に沈潜し、そして、その多くは日本のアジア諸国への帝国主義的侵略の(控えめな、あるいは積極的な)支持者になりました。

 戦前の日本共産党の指導者であった佐野学・鍋山貞親は1933年、獄中転向に当たり、コミンテルンの指揮を離れて、「日本独自の一国社会主義革命を成し遂げる」ことへの路線変更を同志に訴えました。日本における革命は他国のそれとは違い、「日本的に、独創的に、個性的に、かつ極めて秩序的に開拓する」ものでなければならないというこの声明は驚くべき効果を発揮しました。ただちに多くの幹部党員や同伴知識人がこれに応じて雪崩打って転向を表明したからです。

「雪崩打って」転向できたのは、それが深刻な内的葛藤を求めないものだったからです。転向者たちが、別にことさらに不徳義で、意志の弱い人間であったと僕は思いません。彼らはマルクス主義者であったときも、そうでなくなったときも、本質的には同じ人間でした。政治的目標もそれほど変わってはいない。日本社会をもっと公正で、自由なものにしたい、そう願っていた。でも、検察官に「それよりも国として生き延びることの方が優先するんじゃないか? 国が滅びてしまったら、公正も自由もないだろう」と言い立てられると、言い返せなかった。

 明治時代以来、日本の知的青年たちが欧米の宗教や思想や学術を必死で学んだのは、欧米諸国の「定数」を理解しないと、日本は生き延びることができないという前提があったからです。たいせつなのは、まず日本が生き延びることでした。日本における社会矛盾を解決するのは「その次」の話です。転向者たちはその順序を確認させられたに過ぎなかったのです。

 

 以上、日本におけるマルクス受容の歴史的条件について、速足で私見を述べてみました。ややこしい話でしたので、だいぶ予定の紙数を超えてしまいました。どうぞご容赦ください。

 日本には100年にわたる豊かで、厚みのあるマルクス研究の学的蓄積があります。にもかかわらず、日本におけるマルクス主義運動はついにある程度以上の社会的影響力を持ち得ませんでした。この二つの事実の間にはあきらかに齟齬があると僕は思います。それは中国においてマルクス主義がたどった軌跡とまったく違うものです。ですから、この齟齬こそが日本におけるマルクス受容の固有の歴史的条件をかたちづくっているというのが僕の仮説です。

 日本の読者は他のどの国の読者とも違う立場からマルクスを読むことができます。それは一つの利点です。同時に、日本人の読み方でしかマルクスを読むことができません。それは一つの制約です。でも、そういうものだと思います。あらゆる国の人々はそういうふうにして、ひとりひとりの持ち分を手にして、他の国の人々とともに、世界史的な事業に参加する。そういうものだと思います。

 僕たちのマルクス読解が中国の読者のマルクス理解に少しでも資することがあれば、幸いです。

 

2021年3月

 

内田樹

2021年

3月

19日

内田樹さんの「『若者よマルクスを読もう2』中国語版への序文」(前編) ☆ あさもりのりひこ No.986

それは「マルクスを読んで理解する」義務であって、「マルクス主義者になる義務」ではなかった

 

 

2021年3月15日の内田樹さんの論考「『若者よマルクスを読もう2』中国語版への序文」(前編)をご紹介する。

どおぞ。

 

 

中国のみなさん、こんにちは。内田樹です。

『若者よマルクスを読もう』第二巻の中国語訳が出ることになりました。翻訳出版の労をとってくださった方々にまずお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 このシリーズはマルクスの代表的なテクストを『共産党宣言』から『資本論』までを選んで、経済学者の石川康宏先生と僕があれこれと解説するもので、全4巻で完結する予定です(いま、僕と石川さんは第四巻のために『資本論』をめぐって書簡をやりとりしているところです)。

 この本がどういう企図で書かれることになったのかについては、第一巻にかなり詳しく書いてあります。たいせつなことだけ、もう一度確認しておきたいと思います。

 この本は日本の高校生を想定読者に書かれました。ぜひ日本の高校生たちにマルクスを読んで欲しかったからです。

 半世紀ほど前までは、マルクスを読むことは日本の「知的であろうとする若者」にとっては一種の「義務」のようなものでした。その知的習慣がいつのまにか失われました。その伝統の消滅を石川先生と僕はとても残念に思っていました。ですから、ぜひもう一度若者たちにマルクスを手に取って欲しいと思ってこのシリーズを書き始めました。

 ただ、僕たちがいくら頑張っても、もう一度日本の若者たちが「知的義務」としてマルクスを読む時代が戻るかどうか、それについてあまり楽観的にはなれません。というのは、過去に日本の若者たちが基礎的教養としてマルクスを読んだのには、それなりの歴史的条件があったからです。

 

 マルクスを読まなければならないという歴史的な要請があり、それに応えて青年たちはマルクスを読んだ。でも、ある時期から、そのような歴史的条件が失われた。だから、読まなくなった。別に日本の若者たちが知的に怠惰になったとか、読解力を失ったということではないと思います。時代が変わったのです。でも、時代が変わったというのは、いったい何がどう変わったということなのか? 中国語版序文として、それについての僕なりの仮説を書いてみたいと思います。

 

 明治時代から昭和時代まで、約1世紀にわたって、マルクスを読むことは日本の青年たちにとって一種の知的な通過儀礼であり、一種の義務でした。マルクスを読んでいないと「一人前の大人」としては認知されなかった。

 ただし、これはいささか変わった「義務」でした。それは「マルクスを読んで理解する」義務であって、「マルクス主義者になる義務」ではなかったからです。

 その意味で、日本におけるマルクス受容は聖書の受容と似ていたように思えます。

 明治維新以後の日本の近代化の過程で、知的青年たちにとってまっさきに「読む義務」が課された図書は新約聖書でした。それまでは四書五経が若き読書人たちの必読文献だったわけですから、これはまことに大きな転換でした。それは日本人にとって自己造形のロールモデルが中国から西洋にシフトしたということを意味していました。

 でも、明治の青年たちにとって、聖書を読むことは、キリスト教徒になるための訓練ではありませんでした。どんな宗教でも、聖典を読むだけで人は信者になることはできません。信仰を持つとは儀礼を守ることです。祈りを捧げ、服飾や食事の儀礼を守り、聖務日課を実修することです。でも、明治時代の知的青年に求められたのは、そういうことではありませんでした。求められたのは、あくまで聖書を読み、その教えの内容を理解することでした。信仰を持つことではなく、何より学習することでした。西洋人たちがいったいどのような死生観や倫理規範でおのれを律しているのか、それを知ることが、後進国の知識人青年にとっては喫緊の課題だったのです。

 ですから、聖書とほぼ同時に必読文献として推奨されたのが、J.S.ミルの『自由論』やハーバード・スペンサーの社会進化論であったのも当然なのです。これらはまったく宗教性のない書物でした。けれども、聖書と同じように読書が義務づけられました。それは、欧米の政治指導者たちがどのような統治理念に基づいて判断し行動しているのか、彼らがアジア諸国に対してこれからどうふるまうつもりなのかを知る必要があったからです。国際社会に「新参者」として登場する明治の日本人にとって、それは必須の情報でした。

 そして、その次にマルクスを読むことが推奨される時代が到来しました。「支配する者たち」が何を考えて、何をしようとしているのかを学習したら、次は「支配されている民衆たち」が何を考え、何をしようとしているのかを知る必要があります。論理的には当然です。もし、欧米の民衆の間に、現行の統治システムの安定を脅かして、いずれ大きなうねりとなりそうな理論と運動が存在するとしたら、それがどのようなものであるかも知っておく必要があります。それは間接的には日本の運命にもかかわる可能性があるからです。だとすれば、それも学習しておかなければならない。

 明治の日本人はおおむねそういう順番で欧米列強の「国のかたち」を知ろうとした。僕はそんなふうに推論します。

 まずキリスト教を学習した。それが欧米諸国の判断と行動のもっとも根底にあるものだと思われたからです。宗教によって構築された世界観。これがそれぞれの文化圏における「定数」に当たります。長い歴史的時間をかけてゆっくりと熟成したものですから容易には変化することがありません。それが諸国民の心性の深層を形成します。

 そして、その歴史的・文化的「定数」という軌道の上を、今度はさまざまな「変数」が遷移してゆきます。政治・経済のシステムや科学技術や学問や芸術がその「変数」に当たります。歴史が教えるのは、これらの「変数」のうちで、その「国のかたち」に決定的な変化をもたらすことができるものは、「定数」の軌道上を走るものに限られるということです。ある国について、そのつどの外交や財政や国防についての政策上の推移だけを追いかけても、その国の本質的な傾向はわかりません。僕たちの眼に見えている政策群は、複数のファクターの関与でくるくる変わる「変数」に過ぎません。ある国のふるまいを記述し、理解し、とりわけ予測するためには、どうしてもそれらの国々の「定数」を見出す必要があります。

 

 19世紀末に国際社会に登場した後進国日本が欧米列強による植民地化を逃れて、生き延びるためには、できるだけ早く欧米諸国の「定数」を発見することが急務でした。明治日本の「近代化」と呼ばれるものは、その努力のあとを示していたと僕は思います。

2021年

3月

18日

奈良マラソン2021への道 その4 ☆ あさもりのりひこ No.985

3月12日(金)早朝、階段1608段、1時間10分49秒、8.8㎞。

1周すると、10か所に合計536段の階段がある行程を3周した。

 

3月13日(土)、雨で休足。

 

3月14日(日)、土曜日から左の脇腹と腰の真後ろの部分が怠い。

先週末からフォアフットで着地してから、踵を接地して、地面の反発力をしっかり受けとる走り方を心掛けたことが原因かもしれない。

身体が休めと言っているので、休足。

 

3月15日(月)、休足。

脇腹と腰の怠さはマシになった。

 

3月16日(火)、休足。

脇腹と腰の怠さは消えない。

今日は、胸の鳩尾あたりが張っている。

接骨院で「左の脇腹が怠いんです」と言ってティーシャツをまくり上げた。

柔道整復師のマスターが「なんやこれ!」と言った。

見ると、左の腹から腰にかけて赤く爛れている。

「なんやこれ!」と思った。

マスターが「ヘルペスやな」と言った。

帯状疱疹であった。

 

3月17日(水)、帯状疱疹のため、左脇腹、腰、鳩尾その他いろいろが怠くて、休足。

なら法律事務所の裏の医療ビルの内科で診察を受けた。

やはり帯状疱疹(ヘルペス)であった。

帯状疱疹を沈静する飲み薬と痛み止めと塗り薬を処方してもらった。

昼食後、さっそく飲み薬を飲む。

 

夜、UTMF中止が発表された。

予想されていたとは言え、2年連続の中止は無念である。

雪辱を期していた妻は、さっそくKOUBOUトレイルにエントリーした。

切り替えが早い。

 

3月18日(木)、帯状疱疹が出て3日目。

朝食後、飲み薬を2錠飲む。

夜、眠る前と、朝、出勤する前に、疱疹に軟膏を塗る。

疱疹は、ゴツゴツしていて、岩のようだ。

赤い爛れが腰の左半分に広がっている。

 

「帯」というより「腹巻き」のようだ。

2021年

3月

17日

内田樹さんの「後手に回る」 ☆ あさもりのりひこ No.984

総理大臣は受験生でもサラリーマンでもない。彼に求められているのは記者や野党議員に「言い負かされない」ことではない。国の進む先を指示し、ヴィジョンを語り、国民を鼓舞することである。

 

 

2021年3月15日の内田樹さんの論考「後手に回る」をご紹介する。

どおぞ。

 

 

毎月山形新聞の「直言」というコラムに寄稿している。これは3月11日号への寄稿分。

 

 菅首相の政権運営について「後手」という批判がなされている。感染症対策でも、Go To キャンペーンでも、山田内閣広報官の辞職でも、政府決定に世論の批判が収まらず、前言撤回に追い込まれたことを指している。

「後手に回る」というのは武道の言葉であるが、時間的な遅速を意味するわけではない。仮に難題にすばやく対応できても「先手を取った」とは言われない。まず難問があり、それに対してなんらかの解を以て応じるというふるまいはすべて「後手に回る」と言われる。

 気づいている人が少ないが、私たちは子どもの頃から、「後手に回る」訓練をされてきている。問いを出されて、それになんらかの解を出し、正解すればほめられ、誤答すれば罰されるという学校教育の形式がそもそも「後手に回る」練習なのである。

就職すると今度は「与えられた課題を適切にこなす」という仕方で「後手に回る」訓練が続く。設問や課題がまず与えられ、それにどうやって対処するかを考えるというスキームになじんだ人たちは全員「後手」の人である。

 なぜ私たちはこれほどまで執拗に「後手に回る」訓練をさせられるのか。別に難しい話ではない。問いを出す方、課題を出す方が「ボス」で、答えたり査定されたりする方が「子分」だからである。「上位者に無批判に従うマインド」を形成するために、私たちは子どもの頃から「後手に回る」技術ばかりを選択的に刷り込まれているのである。

 実際に、ある種の政治家たち(例えばいまの財務大臣が典型だが)は記者の質問に対してしばしば相手が答えを知るはずのないトリヴィアルな質問を返して、マウントを取ろうとする。別に質問の答えを知りたいわけではない。彼らは経験的に「質問をして、答えを査定できる立場」を先取すれば、相手を「後手」に追い込むことができるという権力関係の消息を熟知しているからそうするのである。

 前にあるスポーツイベントで、試合のあとに選手たちを並ばせて「どうして負けたかわかるか?」と詰問している監督を見たことがある。むろん監督は正解を求めてそうしているわけではない。選手がどんな答えを差し出しても彼は「違う」と言ってはねつけるだろう。彼は答えを査定する権利を行使することで、子どもたちに「誰がボスか」を思い知らせようとしてそうしているのである。彼の問いにもし正解があるとしたら、それは「お前のようなやつが監督をしているからだ」なのだが、気の毒なことに選手たちはそれを口にすることが許されない。

 質問されてそれに答え、その答えの適否を査定される側はつねに「後手に回る」。だから、奇手ではあるが、「何を訊かれても答えない」という態度を貫けばたしかに「後手に回らず」に済む。現に、菅首相は官房長官時代その一手で記者たちの質問を退けて、「鉄壁」と呼ばれてきた。しかし、その成功体験は総理大臣の職には適用できない。「後手に回らない」と「先手を取る」はまるで別のことだからである。

 一国のリーダーに求められているのは「質問に答えない」ことではなく、状況の「先手を取る」ことである。「そもそも問題を起こさないこと」である。コロナウイルスの感染拡大に先んじて適切な対策を講じ、愚策を採用せず、阿諛追従して行政を歪める官僚を重用しないでいれば、そもそも「問題」は起こっていない。

 

 総理大臣は受験生でもサラリーマンでもない。彼に求められているのは記者や野党議員に「言い負かされない」ことではない。国の進む先を指示し、ヴィジョンを語り、国民を鼓舞することである。自分の仕事がそういうものだということがわかっていないから「後手」を咎められるのである。

2021年

3月

16日

内膳さくら公園で早咲き桜発見@事務局より

皆さんこんにちは。今日は事務局担当日です。

 

このところ,昼間は春らしい暖かさが続いているせいか,

今年は桜の開花が例年より早く,

関西地方では今週19日頃に開花,26日頃が満開となる予報が出ています。

 

我が家の近くはまだまだ蕾の状態なのですが,八木駅付近を自転車で走っていたところ,

近鉄橿原線の線路沿いにある内膳さくら公園で,早咲きの桜を見つけました。

 

今日はあいにくの曇り空でしたが,周りでは10人ほどのお子さんが桜を見ていたり,

砂遊びをしていました。

 

昨年に引き続き,今のコロナの状況を鑑みると,今年のお花見も,

飲食を控え,3密は避けて・・・と言われる可能性が高いのでしょうね(^_^;)

 

ただ,運動不足の改善と腰痛改善のため,暖かくなったら近くを散歩でも・・・と

リハビリの先生とも話していたので,散歩と花見を兼ねるのはちょうどよいのかも

しれません。

 

それでは,まず散歩用に靴を新調しないと!ヘ(^o^)/

(・・・え?違う・・・?!(笑))

 

 

2021年

3月

11日

奈良マラソン2021への道 その3 ☆ あさもりのりひこ No.983

2月26日(金)、休足。

 

2月27日(土)、休足。

 

2月28日(日)午前、飛鳥ハーフマラソンのコースを試走。

2時間35分43秒、22.3㎞。

途中で道に迷って、コース図を広げて確認したので、1㎞ほど長くなった。

石舞台から多武峰へ上る坂は走り甲斐がある。

 

鈴木健吾が、びわ湖毎日マラソンで2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。

2時間4分56秒は世界歴代で57番目の記録になる。

エウリド・キプチョゲの世界記録2時間1分39秒との差は、3分17秒。

鈴木とキプチョゲの差は、距離にすると約1139メートル。

キプチョゲがゴールしたとき、鈴木は1キロメートル以上後ろを走っていることになる。

 

3月1日(月)、休足。

 

3月2日(火)夜、トレッドミル、傾斜2%、ビルドアップ走、30分、4.8㎞。

時速8.8㎞、9.2㎞、9.6㎞、10㎞、10.4㎞、10.8㎞で各々5分。

1㎞のペースだと6分45秒、6分30秒、6分15秒、6分、5分45秒、5分30秒になる。

 

3月3日(水)、休足。

 

3月4日(木)早朝、インターバル走、37分46秒、6.5キロ。

5分14秒、5分21秒、5分36秒、5分21秒、5分29秒。

この行程の自己記録を更新した。

 

3月5日(金)雨で休足。

 

3月6日(土)、休足

 

3月7日(日)午前、飛鳥ハーフマラソンのコースを試走する、予定だったが、夜、眠っているときに左脚の脹ら脛が攣ったので走れなかった。

脹ら脛が攣ると、軽い肉離れのような状態になるので、歩いても痛かった。

 

3月8日(月)、休足。

 

3月9日(火)夜、トレッドミル、傾斜2%、30分、4.7キロ。

時速9.2㎞(6:30/㎞)で5分、時速9.6㎞(6:15/㎞)で20分、時速10㎞(6:00/㎞)で5分。

 

3月10日(水)早朝、ペース走と階段598段、48分05秒、6.9㎞。

 

3月11日(木)早朝、ジョギング、40分25秒、6.3㎞、ウインドスプリント、200m×10本。

ウインドスプリントのペースは、4:53、4:25、4:31、4:30,4:31、4:17、4:17、4:08、4:08、3:58。

 

10本目が一番速かった。

2021年

3月

09日

明日香ストロベリーフェアー

 

本日は、事務局の担当日です。

今日は、旬のフルーツの苺(いちご)関係の紹介です。

先日、事務所の近くのミグランスに行った際に見ると、カンデオホテル入口の右側にある観光支援振興室の窓に写真のポスターが貼ってあり、足を止めて見ると、いちごを使ったスィーツがたくさん載っていました。

どれも食べたくなるものばかり、後でインターネット(https://asukastrawberry.wordpress.com/)で調べてみると、テイクアウトできるものは限られていて、それぞれのお店で楽しむしかないようです。

残念ながら、私は、時間的になかなか回りきれないようなので、どれかに絞って行こうと考えています。

明日香ストロベリーフェアー ポスター
明日香ストロベリーフェアー ポスター

 

ところで、みなさんは、奈良県が全国的には、いちごの生産量はどの位かご存じですか?

調べてみると2018年のデータでは、19位で「とちおとめ」等で有名な1位の栃木県の約10分の1で、2320トンです。

でも、奈良県の平野部の北(生駒市)から南(五條市)まで、多くのビニールハウスで、「古都華(ことか)」、「アスカルビー」、「章姫(あきひめ)」、「ゆめのか」、「かおり野」、などの品種が栽培され、品質のレベルは高いと私は思っています。

特に「古都華」は、全国的にも、いや世界的にも高品質ないちごだと思います。

いちごの収穫時期は11月の後半頃~5月頃迄で、3月と4月は最盛期です。

明日香村は、村の面積からすれば、ポスターに「いちごの村」と言うほどたくさんのいちごが生産されています。

 

明日香の2箇所の直売所では新鮮ないちごがたくさん販売されています。

多くの品種から選びたければ、JA奈良県が運営している「まほろばキッチン」のJR奈良駅店や橿原店へ行ってみてください。

 

https://www.ja-naraken.or.jp/agriculture/farmersmarket/mahoroba/

そして、どのお店に行くにしてもできるだけ開店早々に行かれることをお薦めします。より新鮮な、みずみずしく、たくさんのいちごから選べますよ!

美味しいいちごを食べて、コロナ禍を乗り越えよう!

2021年

3月

04日

2月の放射線量、体組成、ランニング ☆ あさもりのりひこ No.982

2月の放射線量、体組成、ランニングについて書く。

 

まず、奈良県橿原市の環境放射線量(ガンマ線)から。

2021年2月の平均値はつぎのとおり。

室内1メートル 0.044μ㏜/h

室内0メートル 0.044μ㏜/h

室外1メートル 0.058μ㏜/h

室外0メートル 0.073μ㏜/h

地上1メートルと地表が少し高い。

 

つぎに、朝守の身体について。

2月27日の数値はつぎのとおり。

体重 71.6㎏

BMI 22.

体脂肪率 16.7%

筋肉量 56.6㎏

推定骨量 3.1㎏

内臓脂肪 12

基礎代謝量 1631/

体内年齢 46才

体水分率 57.9%

腹回りの脂肪が落ちない。

 

最後に、2月のランニングのデータ。

走行時間 23時間17分39秒

走行距離 198.4㎞

 

200㎞に僅かに届かなかった。